世界一周クルーズが飽きると言われている画像

◎ 本記事のポイント

  1. 世界一周クルーズが飽きると言われる理由が分かる。
  2. 世界一周クルーズで飽きない方法が分かる。
  3. ピースボートの特徴やメリット・デメリットが分かる。
  4. 世界一周クルーズの費用でどのくらいかかるのかが分かる。
  5. 世界一周クルーズで最高級のプランが分かる。

多くの人が一度は憧れる世界一周クルーズ

ですが、長期間に渡る船旅であるため、飽きるのという声も…

 
実際、世界一周クルーズ飽きるものなのでしょうか?

そこで、この記事では世界一周クルーズで飽きると言われる理由について、お伝えしていきます。

 
また、世界一周クルーズを楽しむ方法についても、ご紹介していきます。

船上での豊富なアクティビティや寄港地での体験を通じて、飽きずに楽しむためのアイデアが満載です!

世界一周クルーズが飽きると言われる理由は?

世界一周クルーズが飽きると感じている夫婦の画像

世界一周クルーズは長期間に渡る船旅です。

世界一周クルーズが飽きると言われるのは、どんな理由なのでしょうか?

 
飽きる主な理由が下記の3つ。

  1. 船上食が飽きる
  2. やることがなくなる
  3. 風景が見飽きる

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

船上食が飽きる

世界一周クルーズでの飽きる理由の一つが食事のマンネリ化です。

特に、長い航海で毎日ほぼ同じような食事を利用することは、食への興味を減少させる要因になります。

 
当初は新鮮で興奮する食体験も、途中からは飽きを感じることにつながります。

しかし、飽きを防ぐような工夫もされています。
 

  • バラエティ豊かなメニュー: 船上レストランは、様々な国の料理を取り入れることでバラエティ豊かな食事を提供し、飽きを防止します。
  • スペシャルディナー: 特別な日にはスペシャルディナーなどの食事もあり、新鮮で美味しい食事を提供します。
  • 自炊の検討: 長期のクルーズでは、キッチン施設を備えたキャビンを選択し、自分で食事を作ることも一つの選択肢です。

やることがなくなる

長期間の海上生活では、やることがなくなることが飽きる原因となります。

船上での生活は初めは新鮮なことが多いですが、同じ環境に長くいると新鮮さが失われます。

しかし、多くのクルーズ船では次のような解決策を提供しています。
 

  • 豊富なアクティビティ: スポーツ施設・ショー・映画鑑賞など、船上で様々なアクティビティを楽しめます。
  • 自分の時間の活用: 読書やリラクゼーション、個人的な趣味に没頭することで、海上生活を充実させることができます。
  • 社交イベント: ダンスパーティーやカクテルアワーなど、他の乗客との交流を楽しむ機会が豊富にあります。

 
船上での飽きを軽減し、充実した海上生活を楽しむことは十分可能です。

風景が見飽きる

世界一周クルーズでは、風景が見飽きることもしばしば起こります。

海ばかり見続けることは、多くの乗客にとって、飽きる原因となるでしょう。

 
特に、変化に富んだ景色を期待していた乗客には、長期間の海上生活は退屈につながります。

しかし、次のような方法で飽きを軽減させることが可能です。
 

  • 鯨やイルカのウォッチング: 海上では、鯨やイルカの観察などを見るイベントが企画されることがあります。
  • 写真の撮影: 美しい海の風景を写真に収めることで、日々の景色に新たな魅力を見出すことができます。
  • 日記やブログでの記録: 船上での日々を記録することで、時間を有意義に活用できます。

最近の世界一周クルーズが飽きることは減った!

世界一周クルーズに参加する男性の画像

以前は世界一周クルーズが飽きるという声も一定数ありました。

ですが、最近の世界一周クルーズでは、様々な娯楽やアクティビティが提供されるようになりました。

結果として、飽きるという印象は大きく減少しています。

 
では、最近の世界一周クルーズでは、どのような楽しみがあるのでしょうか?

具体的な内容について、見ていきましょう。

企画やイベントが多い

最近のクルーズ船では、乗客が飽きることがないよう、様々な企画やイベントが提供されています。

そのため、船上での生活は多様で活気に満ちたものになります。

例えば、次のようなイベントがあります。
 

  • パーティやイベント: パーティーやイベントが定期的に開催されます。
  • ライブエンターテイメント: 音楽コンサートやダンスショー、マジックショーなど、毎晩異なるエンターテイメントが楽しめます。
  • 体験ワークショップ: 料理教室、アートクラス、ヨガセッションなど、趣味や興味に応じたワークショップが多数用意されています。

 
上記のイベントやアクティビティは、船上での生活を充実させ、長期間のクルーズでも飽きることが少なくなります。

スポーツやエンターテイメントなどを楽しめる

世界一周クルーズでは、船内で多彩なアクティビティが楽しめます。

たとえ海が見飽きたとしても、体を動かすことで新たな楽しみが見つかります。

以下のような施設が典型的です。
 

  1. スポーツ施設:
    • フィットネスセンター: 最新のトレーニング機器が揃い、健康的な船上生活をサポートします。
    • スポーツコート: バスケットボールやテニスなど、アクティブに楽しめるスペースがあります。
  2. プールエリア:
    • 屋外プール: 日光浴や水泳を楽しむのに最適な場所です。
    • ジャクジー: リラックスして海の景色を楽しむのに最適です。
  3. エンターテイメント:
    • ショーやコンサート: 毎晩異なるテーマで楽しめる豊富なエンターテイメントがあります。
    • 映画館: 最新の映画やクラシックな作品を鑑賞できる施設があります。

 
上記のようなの設備は、長期間の船上生活でも飽きさせないための工夫が凝らされています。

3分の1くらいの時間は寄港地を十分楽しめる

世界一周クルーズの魅力の一つは、滞在する寄港地です。

クルーズ中の約3分の1の時間が寄港地での滞在に充てられます。

以下のような活動を楽しむことができます。
 

  • 文化体験:
    • 地元の歴史や文化を学べるツアーや博物館訪問。
    • 伝統的な市場やショッピングエリアでの買い物体験。
  • 自然探索:
    • 美しいビーチや自然保護区の散策。
    • ダイビングやシュノーケリングなどの水中アクティビティ。
  • グルメ体験:
    • 地元の料理を楽しむ食事体験。
    • ストリートフードの試食や料理教室の参加。

 
寄港地での体験は、船上生活の新鮮さを保ち、旅の記憶に深く刻まれるものとなるでしょう。

世界一周クルーズで人気なのがピースボートクルーズ

ピースボートでクルーズに乗っている女性の画像

ピーズボートとは、国際交流を目的として設立された組織です。

ピースボートクルーズは、世界一周クルーズの中でも特に人気があります。

 
そんな人気のあるピーズボートについて、メリット・デメリットをお伝えしていきます。

まずは、メリットから見ていきましょう。

ピースボートのメリット

ピースボートは、手頃な価格で世界一周の旅ができることです。

次のようなメリットがあります。
 

  1. 手頃な価格:
    • 他の高級クルーズと比べ、よりリーズナブルな価格設定。
    • 費用対効果の高い旅行体験が可能。
  2. 文化交流の機会:
    • 世界中の様々な国々を訪れ、地元文化に直接触れる機会。
    • 各地の伝統や生活を学ぶことで、豊かな知識と経験を得る。
  3. コミュニティの形成:
    • 同じ船上の旅行者やスタッフとの強い絆の形成。
    • 交流やグループ活動を通じて、一生の友情を築くことができる。

 
ピースボートクルーズは、多くの旅行者にとって魅力的な選択肢となっています。

ピースボートのデメリット

ピースボートにはデメリットもあります。

主なデメリットが下記です。
 

  1. 限られた設備:
    • 贅沢な客船に比べて、船内の設備やサービスは基本的なものに限られる。
    • 高級レストランや広々とした客室などの高級アメニティは期待できない。
  2. 団体活動の多さ:
    • 多くのプログラムや活動が団体で行われるため、個人の自由度が制限されることがある。
    • 自分だけの時間を持ちたい人にとっては、不便に感じられる場合がある。
  3. プライバシーの制限:
    • 客室や公共スペースでのプライバシーが限られている。
    • 他の乗客との共有スペースが多く、静かな時間を過ごすことが難しいことがある。

 
上記の点を考慮し、ピースボートの旅を選択する際は、自分の旅行スタイルに合っているかどうかを検討することが重要です。

ピースボートで帰りたい場合は降りることも可能

ピースボートクルーズ中に帰りたいとなった場合、途中で船から降りることはできるのでしょうか?

その答えは、途中下船も可能

ですが、いくつかの考慮すべき点があります。
 

  1. 下船のプロセス:
    • 途中下船を希望する場合、事前にスタッフに通知する必要があります。
    • 下船には手続きも必要であり、少し時間がかかることがあります。
  2. 荷物の取り扱い:
    • 荷物は自己責任で管理する必要があり、下船時には全ての荷物を持ち出す必要があります。
    • 荷物の多さによっては、下船が複雑になる可能性もあります。
  3. 緊急の場合:
    • 緊急事態が発生した場合、ピースボートは迅速に対応し、必要に応じて最寄りの港での下船を手配します。

世界一周クルーズの費用に関する疑問点

世界一周クルーズに参加した夫婦の画像

世界一周クルーズを検討する際には、疑問点も出てくるでしょう。

特に、費用に関する点は多くの人にとって重要なポイントです。

 
どのくらいの費用がかかるのか、最高級なクルーズはどのくらいの費用なのかなどが気になりますよね。

それでは、最後に費用面について見ていきましょう。

世界一周クルーズの費用は安いプランでも100万円以上はかかる

世界一周クルーズには、規模が大きい旅行であるため、多くの費用がかかります。

最も安いプランでも、100万円以上はかかることを想定しておきましょう。

その他に、追加費用やその他の費用なども考慮しておくことが大切です。
 

  1. 基本費用:
    • 通常100万円以上かかりますが、船室のカテゴリやクルーズの長さによって変動します。
    • 船内宿泊・食事・一部のエンターテイメントなどの基本的なサービスが含まれます。
  2. 追加費用:
    • 特別な食事・高級レストラン・スパやマッサージなどの追加サービスにかかる費用。
    • 寄港地での観光やアクティビティ、土産物の購入に関連する費用。
  3. その他の費用:
    • 船内でのインターネットアクセスや電話などの通信費用。
    • 緊急時の医療サービスや保険など、安心して旅を楽しむための追加的なコスト。

 
上記の費用を考慮し、予算に合わせて計画的にクルーズを選ぶことが重要です。

世界一周クルーズで費用が安いのは?

世界一周クルーズで費用が安いのが先程ご紹介したピースボートです。

予算を考慮して世界一周を計画する旅行者にとって、ピースボートは理想的な選択です。

ピースボートの主なメリットは次のとおりです。
 

  1. 手頃な価格:
    • 他の高級クルーズに比べて、ピースボートはより経済的な価格帯で提供されます。
    • 幅広い層の旅行者が世界一周の経験を享受できます。
  2. インクルーシブな体験:
    • 価格には基本的な宿泊、食事、一部の娯楽が含まれます。
    • 追加費用を抑えつつも、様々な国や文化を体験できます。
  3. 社会的・教育的プログラム:
    • 環境保護や平和活動に関連するユニークなプログラムが提供されることがあります。
    • 旅行を通じて社会的意識を高める機会も得られます。

 
ピースボートは予算を抑えながらも、幅広い経験を求める旅行者に適しています。

世界一周クルーズで最高級を楽しみたいなら?

豪華さとサービスの質を重視する旅行者には、飛鳥IIがオススメです。

飛鳥IIでの旅の特徴は以下の通りです。
 

  1. 豪華な設備:
    • スイートルーム、高級レストラン、スパなど、最高級のアメニティを備えています。
    • 客室は広々としており、高品質な内装とサービスが特徴です。
  2. エクスクルーシブな体験:
    • 特別なディナーやプライベートツアーなど、エクスクルーシブな体験が可能です。
    • 個別の要望に応じたカスタマイズされたサービスを提供します。
  3. コストの概算:
    • 最高級のプランでは、3,000万円程度の費用がかかることが一般的です。
    • この価格には、特別な食事、個別のエクスカーション、その他の高級サービスが含まれます。

 
飛鳥IIは贅沢で忘れられない世界一周の体験ができます。

高いサービスと快適さを求める旅行者にとっては、非常に理想的な選択肢だと言えるでしょう。

世界一周クルーズが飽きると言われる理由に関する総まとめ

世界一周クルーズが飽きると言われる理由について、振り返っておきましょう。

◎ 記事のポイントまとめ

  1. 世界一周クルーズで飽きる主な原因は船上の食事、限られた娯楽、海の風景
  2. 食事のマンネリ化は長期滞在における大きな課題の一つ
  3. 船上レストランの食事は様々な国の料理を取り入れ、飽きることを防止
  4. 長期クルーズでは自炊オプションも一つの選択肢
  5. 海上生活での退屈感はやることがなくなることによるもの
  6. 豊富なアクティビティで退屈を軽減、充実した海上生活を実現
  7. 長時間海ばかりの風景が続くことも飽きる一因
  8. 各種観察活動や写真撮影、日記記録で退屈感を軽減
  9. 船内では多くのイベントやエンターテイメントがある
  10. テーマナイトやライブエンターテイメントで日々様々な体験ができる
  11. 体験ワークショップで個人の趣味や興味を追求
  12. 寄港地での文化体験や自然探索、グルメ体験を通じて新鮮な体験ができる
  13. 費用を抑えたい場合はピースボートが理想的
  14. 豪華さを求める場合は飛鳥IIの高級クルーズが最適

 
世界一周クルーズは長旅であるため、飽きることを心配する声もあります。

ですが、最近では飽きることがないよう、様々な工夫がされています。

 
クルーズはただの移動手段ではなく、多くの体験と出会いを提供する一大イベントでもあります。

少しでも充実した旅行となるよう、よりよい選択をしていきましょう!