轢かれて死んだ動物にやってはいけないことを示す動物の画像

◎ 本記事のポイント

  1. 轢かれて死んだ動物にやってはいけないことが分かる。
  2. 自分で動物を轢いてしまった場合の対応も分かる。
  3. 轢かれて死んだ動物に遭遇した時の対応が分かる。
  4. 道路緊急ダイヤルの利用法が分かる。
  5. 市役所や動物回収業者の対応範囲が分かる。

突然の事態に直面することは誰にでも起こり得ます。

特に、道路上で轢かれて死んだ動物を目の当たりにした際には、どうすれば良いのか、戸惑うことでしょう。

 
とはいえ、轢かれてしまったのは、どこから来たのか分からない動物。

迂闊に触れたりするのは危険があります。

では、轢かれて死んだ動物やってはいけないことには、どういった行為があるのでしょうか?

 
このような状況での、具体的な行動指針をお伝えしていきます。

感染症のリスクを避ける方法や、法的な側面を含む適切な対処法について解説していきます。

 
この記事を読むことで、もしもの時に冷静かつ適切に対応できるようになるでしょう。

轢かれて死んだ動物にやってはいけないこと

轢かれて死んだ動物にやってはいけない動物の画像

道路上で轢かれて死んだ動物を見つけた際、どのように対応すべきか迷うことがあるでしょう。

その中でやってはいけないことを把握しておくことが大事。

 
では、轢かれて死んだ動物にやってはいけないことには、どういった行為があるでしょうか?

それが主に下記の3つ。

  1. 素手では絶対に触れないこと
  2. 轢かれた動物は自分で勝手に回収しないこと
  3. 警察には連絡をしないこと

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

① 素手では絶対に触れないこと

動物の死骸に触れることは、感染症を引き起こす可能性があります。

特に、野生動物の場合、狂犬病や寄生虫など人間に危険な病原体を保持していることがあります。

こうしたリスクを避けるためには、以下の点に注意しましょう。
 

  • 適切な保護具の使用: 素手での接触は避け、ゴム手袋やマスクを着用してください。
  • 直接触れた場合の対処: 万が一、素手で触れてしまった場合は、すぐに石鹸で手を洗い、可能であればアルコール消毒を行います。
  • 医療機関への相談: 不安がある場合や、特に傷口から触れた場合は、速やかに医療機関を訪れることをお勧めします。

 
感染症のリスクは見過ごされがちですが、自分自身と周囲の健康を守るためにも、正しい知識と行動が必要です。

② 轢かれた動物は自分で勝手に回収しないこと

道路上や公共の場所で轢かれた動物を発見した場合、以下の理由から自分で回収することは避けるべきです。
 

  • 公衆衛生のリスク: 不適切な処理は衛生上の問題を引き起こす恐れがあります。
  • 法的な問題: 適切な処理を行わないと、法的な問題に発展する可能性もあります。
  • 専門的な処理が必要: 死骸の処理には特定の方法や手順が必要であり、専門の業者や自治体に依頼するのが最適です。

 
発見した場合は、直ちに適切な機関(市役所、道路緊急ダイヤルなど)に連絡を取り、指示に従って行動しましょう。

対処法や連絡先のについては、後程詳細にお伝えします。

③ 警察には連絡をしないこと

やってはいけないという行為まではいかないかもしれませんが、警察への連絡は不必要です。

公道で轢かれて死んだ動物を発見した場合、警察に連絡する必要はありません。

 
代わりに、道路緊急ダイヤル(#9910)への連絡が推奨されます。

道路緊急ダイヤルは、道路上の様々な問題(穴、損傷、落下物、汚れなど)に対応するための連絡先です。

動物の死骸が道路にある場合にも適用されます。

 
以下の点を押さえておきましょう。
 

  • 連絡の際のポイント:
    • 道路名、進行方向、周辺の目印などの詳細を伝える。
    • 状況説明が具体的であればあるほど、迅速な対応が期待できます。
  • 安全を確保: 連絡は安全な場所から行い、交通に影響を与えないように注意してください。
  • 速やかな対応: 適切な処理を依頼することで、他の運転手の安全を確保し、迅速な対応を促すことができます。

 
道路緊急ダイヤルへの連絡は、動物の死骸が原因で二次事故を防ぐためにも非常に重要です。

自分で轢いた場合は逃げないこと

もし自動車等で動物を轢いてしまった場合、そのまま現場から逃げることは絶対に避けるべきです。

法的な観点からも、以下のことに注意しましょう。
 

  • 物損事故の可能性: 動物を轢いたことは物損事故と見なされることがあります。
  • 法律違反のリスク: 事故現場から立ち去ることは道路交通法違反にあたる可能性があります。
  • 適切な対応が必要: 安全な場所に停車し、警察への連絡や適切な対応を取ることが求められます。

 
上記のような状況に遭遇した際は、冷静に法的な義務を果たすことが重要です。

また、事故の状況に応じて、道路緊急ダイヤルへの連絡も考慮すると良いでしょう。

轢かれて死んだ動物を見つけたらどうする?

轢かれて死んでしまった猫の画像

道路上で轢かれて死んだ動物を見つけた場合、適切な行動を取ることが重要です。

どんな行動をとればよいのでしょうか?

 
このセクションでは、轢かれて死んだ動物を見つけた際の対応方法を解説していきます。

それでは、見ていきましょう。

動物の死骸の回収は市役所でやってくれる

公共の場所で動物の死骸を見つけた際、市役所や自治体が回収を行います。

これは、動物の死骸が公衆衛生上の問題を引き起こすことを防ぐための措置です。

 
しかし、私有地で見つけた場合の処理方法は異なります。

多くの自治体では、私有地での動物の死骸処理は所有者の責任とされているので、以下の点を確認しましょう。
 

  • 自治体による対応の違い: 地域によっては、私有地内の死骸の処理を市役所が行う場合もあれば、地主が自費で処理を依頼する必要がある場合もあります。
  • 市役所への連絡: どのような対応を取るべきか確認するために、まずは最寄りの市役所や自治体に連絡しましょう。
  • 料金の確認: 自費で処理する場合、料金は業者や地域によって異なります。事前に確認しておくことが重要です。

 
公共の場所と私有地での対応の違いを理解し、適切に対応することが大切です。

猫などは安全な場所に移動してあげる選択肢も

猫のような小型動物が公道上で死亡している場合、安全な場所への移動という選択肢が考えられます。

猫のような動物だと軽いので、道路の端に寄せることは難しいことではありません。

しかし、この行動は次の注意点を守りながら行う必要があります。
 

  • 保護具の使用: 手袋やその他の保護具を使用し、直接肌と死骸が触れないようにしましょう。
  • 安全確保の重要性: 動物を移動させる際は、自身と他の運転手、通行人の安全を最優先に考えてください。
  • 感染症のリスク: 野生動物は病原体を保持している可能性があるため、安全措置を講じることが重要です。

 
上記の点を理解し、慎重に行動することで、動物への配慮と安全を確保することができます。

どこに連絡すればよいか分からない場合は?

轢かれて死んだ動物を発見したが、適切な連絡先が不明な場合もあるでしょう。

そのような場合には、道路緊急ダイヤル(#9910)への連絡が一番確実な方法です。

道路の問題を迅速に解決するためのサービスで、動物の死骸に関する問題も取り扱っています。

 
以下のポイントを押さえましょう。
 

  • 道路緊急ダイヤルの利用: 24時間対応の無料ダイヤルで、全国どこからでも利用可能です。
  • オペレーターへの情報提供: 道路名、位置、動物の状態など詳細情報を伝えます。
  • 迅速な処理の依頼: オペレーターが適切な道路管理者や関係機関に対応を依頼し、迅速な処理が行われます。

 
道路緊急ダイヤルを利用することで、動物の死骸が交通安全上の問題を引き起こすのを防ぐことができます。

自分で供養する必要はない

公道上や他人の私有地で動物の死骸を見つけた場合、供養は必要ありません。

供養は個人の感情や信仰に基づくものであり、法的な義務はないのです。

しかし、自分の敷地内で見つけた場合には、以下のことを考えることができます。
 

  • 自分での供養の選択: 自分の敷地内であれば、感情的な理由や個人的な信仰に基づいて供養を行うことも可能です。
  • 市区町村の対応の確認: 一部の地域では、市区町村が特定の条件下で動物の死骸の処理を行うこともあります。

 
供養は個人の判断に任されており、法的な義務ではないことを理解しておくことが重要です。

轢かれて死んだ動物にやってはいけないことに関する疑問点

犬が轢かれてしまう画像

轢かれて死んだ動物にやってはいけないことに関して、疑問点も出てくるでしょう。

 
このセクションでは、よくある質問とその回答を提供します。

例えば、市役所の対応範囲や専門の業者の存在など、さらには動物が実は生きていた場合の対応などです。

 
突発的な状況に直面した際に役立つ知識となるので、ぜひ頭に入れておきましょう。

市役所は轢かれた動物に対してどう対応してくれる?

市役所が動物の死骸の処理を行う場合、環境衛生部門や道路管理部門などが主に担当します。

部署名は地域によって異なる場合もあります。

これらの部署は、動物の死骸を安全かつ衛生的に処理するための方法を熟知しています。

 
しかし、地域によっては市役所ではなく、専門の業者に委託している場合もあります。

以下の点を理解しておくと良いでしょう。
 

  • 対応範囲: 市役所が対応するのは主に公共の場所で発見された動物の死骸です。
  • 地域による違い: 各地域によって対応方針が異なるため、最初に市役所に確認することが大切です。
  • 業者の利用: 市役所が業者に委託している場合、その業者が専門的な処理を行います。

 
市役所への対応範囲を理解し、適切な対応を取ることが重要です。

動物の死骸を回収する業者はあるの?

公共の場所で轢かれて死んだ動物を見つけた場合、自分で処理することは推奨しません。

動物の死骸を回収する専門の業者も存在します。

以下の点を理解しておくと良いでしょう。
 

  • 専門業者の存在: 適切な手袋や保護具を着用し、専門的な訓練を受けた業者が動物の死骸を安全に処理します。
  • 料金について: 地域や業者によって料金が発生することもあります。
  • 私有地での処理: 私有地で見つけた場合は、個人が業者に連絡して処理を依頼する必要があります。

 
上記の情報を把握し、適切な業者に連絡して安全な処理を依頼することが大切です。

轢かれた動物が実は生きてる場合の対応は地域によって異なる

道路上で轢かれた動物が死んでいると思った場合でも、実際には生きていることもあります。

このような場合の対応は地域によって異なり、以下のようなステップを踏むことが一般的です。
 

  • 動物管理センターや市役所への連絡: 生きている動物を発見した場合、最初に動物管理センターや市役所に連絡します。必要な医療措置や保護を提供することができます。
  • 地域による対応の違い: 全ての自治体で動物管理センターのような役割が存在するわけではありません。そのため、最寄りの市役所や警察署に連絡する選択肢も頭に入れておきましょう。
  • 動物病院への連絡: 怪我をしている動物の場合、地域の動物病院に連絡することも一つの選択肢です。ただし、動物病院によっては野生動物の治療を行っていない場合もあるため、事前に確認が必要です。
  • 専門の野生動物保護団体への連絡: 専門の野生動物保護団体に連絡することも考えられます。野生動物の保護とリハビリテーションに専門化しており、適切なケアを提供できる可能性があります。

 
上記の対応には地域ごとで大きく異なります。

情報を確認を意識することで、適切な対応につながります。

 
適切な対応によって、苦しむ動物を助けると同時に、公共の安全を守ることが可能になるのです。

轢かれて死んだ動物にやってはいけないことに関する総まとめ

轢かれて死んだ動物にやってはいけないことに関して、振り返っておきましょう。

◎ 記事のポイントまとめ

  1. 轢かれた動物に遭遇した際は、素手で触れず適切な保護具を使用する
  2. 動物の死骸に触れた場合は、直ちに手を洗い消毒する
  3. 轢かれた動物の死骸は自分で回収せず、専門の業者や自治体に依頼する
  4. 公道で動物の死骸を発見した場合、警察ではなく道路緊急ダイヤルに連絡する
  5. 自分で動物を轢いた場合は、現場から逃げず適切な対応を取る
  6. 公道での動物の死骸の回収は市役所が行い、私有地内での処理は地主の責任
  7. 猫など小型動物の死骸を安全な場所に移動する際は、保護具の使用と周囲の安全を確保する
  8. 道路緊急ダイヤルは、動物の死骸に関する問題を迅速に解決するためのサービス
  9. 自分の敷地内で動物の死骸を見つけた場合、供養は個人の判断に任せられている
  10. 生きている可能性がある動物に対する対応は地域により異なり、動物管理センターや市役所に連絡する

 
感染症のリスクや法的な問題を避けるためにも、轢かれて死んだ動物にやってはいけないことの把握は重要です。

専門的な知識と慎重な対応が必要であり、地域ごとのルールに従って行動することが肝要です。

 
動物への配慮と共に、公共の安全を守ることにも貢献していきましょう。

適切な知識で安全に対処することが何より大切です。