◎ 本記事のポイント

  1. 臨海セミナーの退会方法が分かる。
  2. 特待生が退塾する難しさが分かる。
  3. 退会理由の伝え方が分かる。
  4. 退会決断までのステップが分かる。
  5. 臨海セミナーが退会を阻止するメカニズムが分かる。

臨海セミナーを退会できない

臨海セミナー退会できない状況で悩んではいませんか?

 
塾に通っても成績が上がらなかったり、行くことが苦痛になっているなど…

そんな状況だと、退会を考えるのは自然なことです。

 
ですが、なかなか退会できない状況もあります。

本記事では、その理由や実態についてお伝えしていきます。

臨海セミナーを退会できない?実態を調べてみた!

臨海セミナーを退会できないのは、どうしてなのでしょうか?

退会に至る理由は個人によって違いますが、簡単に退会できない場合もあります。

 
退会を考える理由や実態について見ていきましょう。

臨海セミナーを退会する理由は?

臨海セミナーを退会する背景として、様々な理由が存在します。
 

  • 成績の伸び悩み
  • 指導方針への不満
  • 他の塾に行く
  • 引っ越し
  • 家庭の経済的な事情

などが主な理由としてあるでしょう。

 
成績の伸び悩みは、親としても子供としても大きなストレスとなります。

一生懸命努力しているのに、成果が見えないと焦りを引き起こします。

 
指導方針への不満も、退会を考える大きな要因の一つです。

親子それぞれが、学校の教育方針に疑問を抱えることとなり、退会を望む背景にあります。

 
また、家庭の経済的事情も無視できません。

教育は投資であり、それに見合う価値が感じられない場合、退会という選択を迫られることもあります。

臨海セミナーでの引き止めの実態

退会を申し出ると、臨海セミナー側からの引き止めが始まることもあるでしょう。

エリアや教室によって、引き止めの有無は異なります。

 
引き止めの手法は、心理的なプレッシャーや退会によるデメリットの強調など多岐にわたります。

退会を決意しているのに、引き止められる…

多くの人がストレスを感じるでしょう。

 
中にはこのことが精神的な負担となり、退会を断念する結果もあり得ます。

なかなか退会できない旨の口コミも

インターネット上には、「臨海セミナーを退会できない」という口コミが存在します。

例えば、下記のような口コミです。

私は去年中3で、中1の妹と一緒に臨海セミナーに通っていました。妹は去年の夏に学校の勉強がおろそかになってしまうから、という理由で退会しようとしたのですが、室長に21:00〜23:30くらいまで引き止めにあったそうです…ようやく妹はやめられたのですが、私は通い続けていて、先生からかなり嫌われていました。例えば問題を当てられた時に答えられないだけで大勢の生徒の前で怒鳴られたり、ちゃんと真面目に授業を受けていたのに「俺の授業、聞く価値無いと思ってんだろう」と言われてすごく悲しかったです。第一志望は合格できましたが、臨海セミナーに通ったことを後悔しています。塾選びはもっと慎重にすればよかったです…

Yahoo知恵袋より引用

臨海セミナーに通っているのですが、最近他の個別塾に通おうとしているので辞めようと思いました。
そして面談の時に退塾届けの紙を貰おうとしましたが、塾長に辞めるなと言われさらに通おうとしている塾にケチをつけてきました。

Yahoo知恵袋より引用

このように、引き止めや退会できない状況に悩んでいる人がいます。

エリアや教室によって、辞めにくい事実があるということが分かります。

臨海セミナーで成績が上がらない理由

成績が上がらない背景には、教育方針の不一致や子供の学習モチベーションの低下が存在します。
 

  • 子供に適した指導法が提供されていない
  • やらされている感で勉強している

上記のような場合、子供の学習意欲は低下し、成績の向上は期待できません。

 
これらの問題を解決するためには、親子と臨海セミナー側の両方がコミュニケーションを深める必要があります。

その子に合った勉強法を行っていくことが不可欠です。

臨海セミナーから乗り換えるならどこがいい?

臨海セミナーを退会した後に、どこがよいのか気になりますよね。

そんな場合には、ビリギャルで有名なオンライン坪田塾がオススメです。

 
授業形式の予備校ではなく、一人一人のタイプに合わせて指導方法を変えていくスタイルが大きな特徴。

気になる方は、無料相談だけでもしてみてくださいね↓



臨海セミナーが退会できないケースと解決策

退会できない背景には、臨海セミナー側の要因も絡んでいます。

どんな要因が絡んでいるのでしょうか?

 
その実情について、迫っていきたいと思います。

臨海セミナーがやばいと言われる理由|闇に迫る

臨海セミナーが「やばい」と囁かれる背景には、根深い闇が潜んでいます。

過去に臨海セミナーが「悪質勧誘」や「合格者水増し」があったとして、同業他社から指摘を受けていたことがありました。

 
具体的には、

  • 塾生の友人で成績優秀者の個人情報を聞き取ってリスト化
  • 模試や講習などの申し込みを友人に促して、塾生に金券を交付する

といった行為です。

下記のサイトに詳細がありますので、興味があればご参照くださいませ。

このような闇が潜んでいることも、頭の片隅に入れておきましょう。

特待生が退塾するのは難しい?

退塾が困難な障壁として、特待生制度が挙げられます。

特待生になると、授業料割引・免除といった様々な特典が享受できます。

その一方で、退塾することは難しくなります。

 
これは特待生を引き留めるための方策として、様々な障壁を設けているためです。

例えば、途中で塾を変えれば過去の授業料を請求されるなどもあります。

 
なお特待生が退塾するのが難しいのは、臨海セミナーのみならず他の塾でも同じです。

塾の規定をよく読んで、規約を把握しておくことが大切です。

臨海セミナーで退会が困難な原因とは?

退会が困難である背景には、臨海セミナー側の問題も大きいです。

それは、退会を阻むためのシステムがあるからです。

 
利益を確保するために、塾生獲得と合格者数のノルマが存在していることが分かっています。

多くの塾生を獲得できれば、臨海セミナー側が儲かるからですね。

 
一方、退会されると当然臨海セミナー側の利益が減るため、必死で引き止めが行われます。

このことも頭に入れておくようにしてくださいね!

臨海セミナーのしつこい電話対策

退会を申し出た後の「しつこい電話」は、多くの親子を悩ませることになります。

退会の意思を固めて臨海セミナー側に伝えた後、引き止めがしつこい場合もあります。

 
これに対処するためには、退会の意思をしっかりと持ち、それをブレずに伝える強さが求められます。

また、退会の理由を明確にして伝えることも大切です。

臨海セミナー退会への一歩を踏み出そう!

スムーズに臨海セミナーを退会するには、しっかりとした準備が必要です。

退会する際の流れなどについても、把握しておきましょう。

 
以下で、その一歩を踏み出すためのポイントを詳しく解説します。

臨海セミナーを退会(退塾)する流れ

臨海セミナーを退会するためには、退会(退塾)を希望する意向を担当講師に伝えましょう。

退会の意向がセミナー側によって受け入れられた場合、具体的な退会の手続きに入ります。

 
その後に「退塾届」を提出する流れとなります。

「退塾届」は前月の末日までの提出が一般的です。

仮に10月で退会したい場合には、9月末までに退会届を出すような流れです。

 
退会の流れをスムーズに進めるためには、事前の情報収集と準備が大切です。

退会のプロセスを前もってシミュレーションしておくことをオススメします。

退会する時に理由を述べる必要はある?

退会すると伝えた際に、臨海セミナー側から理由を聞かれる場合があると思います。

退会の際には、その理由を伝える必要があるのでしょうか?

 
もし聞かれた場合には、簡単でも良いので答えることが望ましいです。

例えば、

  • 金銭的な理由で退会したいから
  • 他の塾に行くことになったから
  • 成績が伸び悩んでいるから
  • 引っ越しをするから
  • 家庭教師に切り替えるから

などがあります。

 
退会することが目的なので、本当の理由でなくても構いません。

スムーズに退会できるように、上手く伝えるようにしていきましょう。

授業料を返還してもらえる可能性は?

退会後の授業料返還については、入塾時に確認した「規約」次第です。

 
先の分まで支払っていた場合には、退会後に返還してもらえるでしょう。

しかし、規約違反になる場合には、変換されない可能性が高いです。

 
授業料の返還をスムーズに進めるためには、退会の意志と並行して規約の内容を確認しておきましょう。

必要な情報と知識の収集などの準備を進めることが大切です。

臨海セミナーを退会できない問題の総まとめ

  • 退会の意思を伝えると、引き止められる可能性がある
  • 成績が上がらないことを理由に退会を望むケースが多い
  • 指導方針への不満が、退会を促進する一因にもなる
  • 家庭の経済的事情も退会の背景にある
  • 退会の意思を伝えるコミュニケーションが困難
  • 特待生が退会する場合は障壁が大きい
  • 臨海セミナー側が退会を阻止してくる可能性がある
  • しつこい電話の問題への対処も必要
  • 退会する際には退会理由を述べることが大切
  • 退会後の授業料返還の可能性と手続きを知っておく
  • 退会を決断するまでに多くのエネルギーと時間が必要
  • 退会の意思を貫くための情報と知識の装備が大切

 
退会できない状況には、臨海セミナー側の事情が絡んでいる場合があります。

塾生を手放したくない事情から、引き止めにあう可能性があります。

そのため、絶対に揺るがないと決めて退会の意思を伝えることが大切です。