小さな結婚式がひどいのかが気になるカップルの画像

◎ 本記事のポイント

  1. 小さな結婚式がひどいと言われる理由が分かる。
  2. 小さな結婚式の特徴が分かる。
  3. どんな人に小さな結婚式が向いているのかが分かる。
  4. 小さな結婚式を利用するメリット・デメリットが分かる。
  5. 価格にこだわるなら小さな結婚式が最適であることが分かる。

リーズナブルに結婚式を挙げることができると評判の小さな結婚式

結婚式の費用をなるべく抑えたいという場合に、非常に魅力的なサービスです。

 
ですが、一部で小さな結婚式がひどいという噂もあります。

小さな結婚式ひどいと言われるのは、どうしてなのでしょうか?

 
そこで、ひどいと言われる6つの理由について、お伝えしていきます。

また、小さな結婚式を利用するメリット・デメリットについても、ご紹介します。

 
小さな結婚式の特徴を把握し、あなたにとって最適な結婚式を考えていきましょう!

記事の目次

小さな結婚式がひどいと言われる理由とは?

小さな結婚式がひどいと言われる理由を確認している画像

小さな結婚式がひどいと言われるのは、どんな利用があるのでしょうか?

主な理由が下記の6点です。
 

  1. 安っぽい印象が出る
  2. 多くの人を呼ぶのには適していない
  3. チャペルがこじんまりとしすぎている
  4. 簡素すぎる印象が出る
  5. 値段をケチると料理がしょぼい
  6. 小さな結婚式で後悔したという口コミが一定数ある

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

① 安っぽい印象が出る

小さな結婚式がひどいと言われるのは、結婚式が安っぽい印象になるからです。

それは、予算や規模に限りがあるためです。

 
豪華な装飾や高価なサービスを省くことで、コストを削減しています。

通常の結婚式よりもリーズナブルな分、仕方がない部分ではあると言えるでしょう。

安っぽくなってしまう理由

  • 結婚式でかかる費用を抑えるため。
  • 価格を抑えたチャペルで結婚式を行うため。
  • 少人数結婚式を想定しているため。

 
リーズナブルな費用で結婚式を行う分、どうしても安っぽい印象になってしまうデメリットがあります。

② 多くの人を呼ぶのには適していない

小さな結婚式は、大人数を招待するには向いていません。

これは、会場のスペース予算の制約によるものです。

 
ネーミングの通り、小さな結婚式は少人数に適しています。

しかし、少人数だからこそ、ゲスト一人ひとりとの交流が深まり、より親密な雰囲気を作り出せます。

ゲストの選び方

  • 親族や親しい友人を中心に招待。
  • ゲストのリストを見直して、本当に大切な人だけを選ぶ。

親密な雰囲気の演出

  • ゲスト全員との写真撮影を計画。
  • 各テーブルで新郎新婦がゲストと積極的に交流が可能。
  • パーソナライズされたお礼の言葉や手紙を用意。

 
小さな結婚式は、小規模だからこその魅力もあります。

予算とスペースの制約はあるものの、工夫次第で心に残る素敵な式を実現できるのです。

③ 簡素すぎる印象が出る

小さな結婚式は簡素すぎることから、ひどいという印象が出ることもあります。

例えば、神父がいなかったり、キャンドルサービスがない点です。

そのため、小さな結婚式はシンプルな結婚式になることは、頭に入れておきましょう。

簡素になる理由と工夫すべきこと

  • お金のかかる要素を取り除くことでコスト削減につながる。
  • シンプルながらも心に残るセレモニーの計画を立てる。
  • ゲストにとっても気軽に参加できる環境を提供する。

④ チャペルがこじんまりとしすぎている

小規模なチャペルのこじんまりとした空間は、ひどいという印象に映るかもしれません。

盛大な結婚式をイメージしている方にとっては、もの寂しい感じがするでしょう。

そのため、親密な場となるような工夫が必要だと言えます。

親密な空間の演出

  • 小規模ながらも美しい装飾を施す。
  • ゲスト全員が参加できるアクティビティを計画。
  • 会場全体が一体感を持てるような工夫をする。

 
小さな結婚式は、サイズによる制約を逆手に取り、より心温まるセレモニーを実現する機会にもなり得ます。

簡素さを質の低さと捉えるのではなく、創造性と親密さを高めるためのキッカケとするのが好ましいです。

⑤ 値段をケチると料理が質素

小規模な結婚式では、値段をケチると料理が質素な印象になりがちです。

基本プランのままだと、簡素な料理になってしまうことは頭に入れておきましょう。

 
しかし、コストパフォーマンスを最大化するための計画により、美味しい料理を提供することは十分可能です。

下記の事項を意識しましょう。

コスト効率の高いメニュー選び

  • 季節に合ったメニューを選ぶことでコスト削減。
  • 人気のある料理を少量ずつ提供することで多様性を確保。
  • ゲストの好みや食物アレルギーを事前に把握し、無駄を減らす。
  • シンプルだが美味しい料理を選ぶ。

⑥ 小さな結婚式で後悔したという口コミが一定数ある

小さな結婚式に関する否定的な口コミは、期待と現実のギャップから生じることが多いです。

盛大な結婚式を想定しているのであれば、後悔する可能性が高いです。

 
例えば、下記のような口コミがありました。

★ ☆ ☆ ☆ ☆
結婚式挙げるのにオススメできない。
他の結婚式場とは比較してはいけないレベル。
一生に一度の結婚式、後悔したくないなら他の結婚式場にしたほうがいい。
Googleマップより引用

★ ☆ ☆ ☆ ☆
今までの結婚式で一番残念な場所でした、、。
結婚式場も狭い。30人入らない(笑)
料理は子供の料理を最後に持ってくる。普通先に出すだろーよ。って大人より先に出さないとかわいそうだろ。(笑)
とにかく、、、だめ。新婦のドレスの後ろの紐は左右ガタガタ、、、スタッフは雑。
一生に一度の結婚式をするひとはここはやめな。
来客者のことも考えてあげて。
Googleマップより引用

 
もちろん、良い口コミも多くあります。

ですが、上記のように、小さな結婚式にして後悔したという口コミが一定数あるのも事実です。

 
そのため、盛大な結婚式を意識している場合は、小さな結婚式は避けた方が無難かもしれません。

小さな結婚式がひどいとなることを避けるためには?

小さな結婚式で結婚式を挙げたカップルの画像

小さな結婚式がひどいと感じるのは、理想と現実のギャップが大きいことが大きな原因です。

そのため、あらかじめ小さな結婚式の特徴を把握することが大切。

 
小さな結婚式がひどいとなることを避けるためには、どのようなことを把握すればよいのでしょうか?

このセクションでは、小さな結婚式を選ぶ際に押さえるべきポイントをお伝えしていきます。

少人数の結婚式にする

小さな結婚式は、家族や親しい友人程度の招待が望ましいと言えます。

下記の事項を意識しましょう。

少人数の結婚式のポイント

  • 家族や親しい友人の意見を取り入れる。
  • シンプルながらも心に残るデコレーションを考える。
  • 濃い関係のゲストのみを招待して、特別な関係を重視する。

結婚式の費用を抑えたい思いが強い

結婚式の費用を抑えることは、多くのカップル(夫婦)の共通の願いです。

そのため、価格重視の場合に小さな結婚式が向いていると言えます。

賢く費用を削減するために

  • シーズンオフや平日に結婚式を計画して料金を抑える。
  • 予算を明確に設定し、最優先事項に資金を割り当てる。
  • 比較見積もりを取ることで、最適なベンダーを選ぶ。
  • 結婚式の規模を現実的に保ち、不要な出費を避ける。

 
少人数の結婚式は、家族や親しい友人との絆を深める絶好の機会です。

また、コストを抑えながらも、個性的で心に残る式を実現するための工夫をしていきましょう。

シンプルな結婚式で問題ないと考えている

結婚式は心に残る特別な日を作り出す思い出となるでしょう。

盛大だから良い結婚式、シンプルだから悪い結婚式というわけではありません。

そのため、シンプルな結婚式でよいと考えている方は、ひどいという印象を持つリスクは減るでしょう。

シンプルでも印象深い結婚式の計画

  • シンプルながらも温かみのある結婚式を計画する。
  • ゲストとの距離が近いアットホームな雰囲気を作り出す。
  • パーソナライズされた演出や装飾で個性を表現。

少しでも良い結婚式にするために

  • 必要最小限の装飾にすることで、経済的にも負担が少ない。
  • 親族や友人との協力で、手作りの要素を取り入れる。
  • 小規模ながらも意味のあるセレモニーを心掛ける。

結婚式の格式や形式にこだわる親戚がいる場合は注意

格式や形式にこだわる親戚がいる場合、小さな結婚式の選択は避けた方が無難です。

通常の結婚式と比較すると、どうしても質素に見えてしまうリスクがあるからです。

親戚とのコミュニケーション

  • 早い段階で家族や親戚と話し合い、認識を合わせる。
  • 自分たちの結婚式に対するビジョンと理由を共有する。
  • 小規模ながらも温かみのある結婚式を計画する。

 
多くの結婚式を経験している場合、小さな結婚式だとどうしても満足感が低くなりがちです。

そのため、事前に家族や親戚との打ち合わせをして、認識を合わせることが大切だと言えます。

小さな結婚式は実際どうなのか?

小さな結婚式を利用して満足している夫婦

小さな結婚式はコストを抑える分、通常の結婚式のイメージとは異なる部分も多いです。

小さな結婚式を選択するのは、実際どうなのでしょうか?

 
そこで、メリットやデメリットについても、お伝えしていきます。

小さな結婚式の特徴を把握し、自分たちにとって良い結婚式になりそうかをチェックしていきましょう。

小さな結婚式のメリットは?

小さな結婚式の主なメリットは、親密さを持てること費用が安いことです。

少人数で行うことで、より心に残る経験を作り出すことができます。

また、結婚式の費用を抑えることにつながります。

親密さを持てることのメリット

  • ゲスト一人一人との交流が深まり、よりパーソナルな体験ができる。
  • 新郎新婦がゲストとの時間をより多く共有できる。
  • 家族や親しい友人との絆を深める絶好の機会。

コストパフォーマンスの良さ

  • 大規模な結婚式に比べて、全体の費用が大幅に削減される。
  • 装飾や会場、食事などの各項目で費用を抑えることが可能。
  • より多くの資金を新婚旅行や将来の計画に割り当てる余裕が生まれる。

小さな結婚式のデメリットは?

小規模な結婚式には、結婚式場の狭さ簡素な形式といったデメリットがあります。

デメリットに対処するためには、事前の計画と柔軟な対応が求められます。

結婚式場の狭さの問題

  • 選択できる会場が限られる。
  • 多くのゲストを招待できないため、選択が必要になる。
  • 装飾や設備の面で制限が生じる。

簡素な形式に対する対処法

  • 簡素な形式の中で最大限の効果を生み出す工夫が必要。
  • 独自の魅力を演出することが大事。
  • 小規模ならではの暖かみを前面に出す。

 
小さな結婚式はのデメリットを解消していくことで、忘れられない一日を作り出すことも可能です。

メリットとデメリットの両方を考慮して、よりよい結婚式を目指していきましょう。

価格を抑えたい場合には小さな結婚式は最適!

費用にこだわるカップルや夫婦にとって、小さな結婚式はまさに理想的な選択です。

その分、生活にかけるお金や旅行にかけるお金に回すことができます。

結婚式の予算を抑えるポイント

  • 少人数の招待リストを作成し、ゲスト数を最小限に。
  • 家族や親族からの同意を得ることが大切。
  • シンプルながらも美味しい料理を選ぶことでコスト削減。

 
小さな結婚式は、結婚式の予算を抑えたい場合に非常に魅力的な選択です。

費用を抑えつつも、工夫次第で一生の思い出に残る特別な日を実現することが可能です。

 
個性的かつ親密な雰囲気の中で、大切な人たちとの絆を深めることができるのも、小さな結婚式ならではのメリットです。

小さな結婚式がひどいと言われることに関する総まとめ

小さな結婚式がひどいと言われることについて、振り返っておきましょう。

◎ 記事のポイントまとめ

  1. 小さな結婚式は予算や規模の制限から安っぽい印象になりがち
  2. 豪華な装飾や高価なサービスを省略し、コストの削減となる
  3. 親密な雰囲気を出すために、少人数での招待が効果的
  4. 神父の存在やキャンドルサービスはない
  5. チャペルのサイズが小さいことで、こじんまりとした印象を与える
  6. 予算制限のため料理の質が低下する恐れがある
  7. 悪い口コミは期待と現実のギャップに起因することが多い
  8. 小さな結婚式は親密さとコスト効率の高さが魅力
  9. 結婚式場の狭さや簡素な形式がデメリットになる
  10. 装飾や設備の面で制限がある
  11. シンプルながらも特別感のある結婚式を計画することが重要
  12. 結婚式の規模よりも計画と実行の質が重要
  13. 家族や親戚の期待とのバランスを取ることが重要

 
小さな結婚式には、メリットとデメリットの両方があります。

リーズナブルに結婚式ができる一方で、簡素な結婚式となりがちです。

 
ですが、工夫次第で大満足は結婚式にすることは十分可能です。

結婚式で実現したい要望を考え、よりよい結婚式にしていきましょう!