NHKの訪問販売の再開に備えている男性

◎ 本記事のポイント

  1. NHKの訪問営業の再開の可能性が分かる。
  2. 訪問販売が廃止につながった理由が分かる。
  3. 訪問営業によって多くの人がストレスになっていることが分かる。
  4. NHKの訪問営業がまだ完全に無くなっていない理由が分かる。
  5. 受信料の公平性に対する疑問が分かる。

NHKの訪問営業が廃止になったことはご存知でしょうか?

2023年9月で訪問営業の外部委託が終了になりました。

 
ですが、気になってしまうのがNHK訪問営業再開してしまう可能性。

突然家に来て受信料の件を迫ってくるので、うんざりしている方も多いでしょう。

 
訪問営業が再開する可能性や問題点について、受信者側の立場で詳しく探っていきます!

NHKの訪問営業が再開する可能性は?

現在のNHKの状況を考えると、訪問営業再開は可能性は低いでしょう。

しかし、NHKの財政状況の悪化や受信料の未納問題が浮上してきたことから、再開する可能性も否定はできません。

その背景や具体的な内容について、見ていきましょう。

NHKの訪問営業が廃止になった背景

NHKの訪問営業は、数十年にわたる長い歴史があります。

しかし、近年、その方法に対する批判が増えてきました。

  • 訪問員の対応: 訪問員のマナーの問題や強引な契約の勧誘など、受信者からの苦情が増加。これが最大の廃止の理由とされています。
  • 受信料の公平性問題: 一部の受信者は、受信料の公平性に疑問を持っています。特にマンションなどの集合住宅での受信料の取り扱いについての不満が多く寄せられています。
  • 訪問のタイミング: 訪問員が来るタイミングが不定期であり、受信者の生活の邪魔になるとの声も。このような声を受けて、NHKは訪問営業の方法を見直すこととなりました。

 
上記の背景を踏まえ、NHKの訪問営業は今後どのように変わっていくのか、再開していくのか。

その動向に注目が集まっています。

NHKの訪問営業の過去の問題点

NHKの訪問営業は、数十年の歴史を持つ中で、多くの受信者から不満や苦情が寄せられてきました。

以下に主な問題点を挙げます。

  • 不在時の再訪問: 訪問員が何度も再訪問することで、受信者の生活を邪魔したり、不快感を与えるケースが多発していました。
  • 受信料の二重取り: 既に受信料を支払っているにも関わらず、再度の支払いを求められるケースが報告されていました。
  • 訪問員の態度: 一部の訪問員の対応が不適切であるとの声も。特に高齢者や女性への強引な契約の勧誘が問題視されていました。

 
上記の問題が積み重なり、訪問営業の一時的な廃止につながったと言われています。

我々がNHKの訪問を無視し続ける理由

NHKの訪問営業に対する受信者の反応は冷ややかで、多くの家庭で嫌っている傾向にあります。

主な理由は以下の通りです。

  • 受信料の問題: 受信料の額や、その取り扱いに不満を持つ受信者が多い。特に、同じ世帯内での複数テレビに対する受信料の取り扱いに疑問の声が上がっています。
  • 放送内容の質: NHKの放送内容や、番組の質に対する不満が多く、それが受信料の支払いを拒む一因となっています。
  • 訪問員の対応: 前述の通り、訪問員の対応が不適切であるとの声も根強い。

 
これらの理由から、NHKの訪問を避ける受信者が増えてきているのです。

NHKがまだ来るのは直接雇用の訪問員

NHKの訪問営業がまだ来ているケースもあります。

 
ですが、冒頭でも述べたように外部への委託は2023年9月で終了しています。

そのため、外部委託していた訪問員が来ることはありません。

 
いまだに来るのはNHKが直接雇用(地域スタッフ)している訪問員となります。

訪問員の品質管理の強化

これまでの外部委託の訪問営業は、受信者からの苦情が後を絶ちませんでした。

特に、受信料の取り扱いや訪問員のマナーに関する問題が多かったのです。

しかし、直接雇用される訪問員は、NHKの内部研修を受けることで、今までよりも高いサービスを提供することが期待されます。

受信者との信頼関係の構築

直接雇用の訪問員は、NHKの代表として受信者と向き合います。

このため、受信者との信頼関係を構築し、長期的な関係を築くことが求められます。

訪問営業の効率化と最適化

NHKは今後訪問員の動線を最適化するなど、効率的な訪問営業を進めていく方針を明らかにしています。

受信者の不満を最小限に抑え、より多くの受信者との接触を図ることができるでしょう。

NHKの訪問営業が再開した場合への備え

NHKの訪問営業が再開される可能性は低いものの、可能性はゼロではありません

そのため、受信者としては適切な対応が必要です。

また、訪問員とのトラブルを避けるためにも、冷静な対応を心がけることが大切です。

NHK訪問営業の歴史と変化

NHKの訪問営業は、長い歴史を持っています。

 
NHKは訪問営業を開始した際に、個別に受信料を徴収する方法を導入しました。

この方法は、効率的に受信料を徴収することができる反面、受信者とのトラブルが絶えない方法でもありました。

 
しかし、テレビ放送の開始やインターネットの普及とともに、NHKの訪問営業の方法や頻度も変わってきました。

近年では、受信料の徴収方法の見直しや訪問営業の廃止を求める声も多く、NHKも新たな徴収方法を模索しています。

 
NHKの訪問営業は時代とともに変化してきていますが、その背景には社会の変化や技術の進化が影響していることが分かります。​

訪問営業の今後の可能性

一方で、テクノロジーの進化とともに、訪問営業の形も変わりつつあります。

デジタル化の波

オンラインでの訪問やVR技術を利用した新しいアプローチなど、多くの可能性が広がっています。

特に若い世代の受信者は、デジタル技術を積極的に活用する傾向にあり、これに対応する形の訪問営業が求められるでしょう。

対面の重要性

NHKとしては、直接の対面を通じたコミュニケーションの重要性を再認識しています。

テクノロジーの進化とともに、受信者との深い関係を築くための新しい方法を模索している最中です。

NHKが来る家と来ない家の違い

NHKの訪問員が家を選ぶ基準は一体どうなっているのでしょうか?

実は、NHKが来る家と来ない家との間には明確な違いがいくつか存在します。

受信料の未納が疑われる家

  • 長期間受信料を未納している家は、訪問の対象となりやすいです。NHKの収入源である受信料が確保されていないためです。
  • 新しい住民が入居した家も、訪問の対象となることが多いです。特に、前の住民が受信料を未納していた場合、新しい住民にも確認のための訪問が行われることがあります。

受信料をきちんと支払っている家

  • 受信料の支払いが確実に行われている家は、訪問の対象から外れます。
  • 過去にNHKとの間でトラブルが発生した家は、再び訪問の対象となることが少ないです。

NHKの訪問営業の断り方

NHKの訪問員が玄関を訪れた時、どのように断ればよいのでしょうか?

正しい情報を伝えることで、スムーズに対応することができます。

受信料の支払い証明

受信料をきちんと支払っている場合は、その証明となる書類を見せることが最も簡単な方法です。

テレビ非所持の証明

テレビを所持していない場合は、それを明確に伝えることで、訪問員を納得させることができます。

インターホンを利用

インターホン越しに対応することで、身の安全を確保しつつ、必要な情報のみを伝えることができます。

重要なポイント

冷静かつ礼儀正しく対応すること。NHKの訪問員も仕事をしているだけですので、感情的にならず、事実を伝えることが重要です。

インターホンに出てしまった時の対処法

インターホンを取ると、予期しない訪問者がいることも。

それがNHKの訪問員だった場合、どう対応すればよいのでしょうか?

身分の確認

まず、訪問員の身分を明確に確認します。名刺や職員証など、公的な証明を求めるのは当然の権利です。

証明書類の用意

受信料を既に支払っている場合、その証明書類を見せることで、無駄なトラブルを回避できます。

不審な行動は報告

訪問員の行動に何か不審な点を感じたら、すぐに警察や近隣の住民に通報すること。

NHK側の訪問営業に代わるアプローチ

NHK側も訪問営業の問題点を認識しており、新しいアプローチを模索しています。

受信者の意見や要望を取り入れた新しい制度の検討も進められている最中です。
 

NHKが訪問しなくなった理由は?

なぜ、最近NHKの訪問が少なくなったのでしょうか?

主な理由として下記の要因が考えられます。

新型コロナウイルスの影響

世界を席巻した新型コロナウイルス。

この大流行の影響で、NHKも訪問を控える動きが強まりました。

感染リスクの低減を図るための対策として、一時的な訪問自粛が行われました。

訪問に対する苦情の増加

近年、訪問によるトラブルや苦情が増加。

対策としてNHKは訪問の方法や頻度を見直し、訪問を控える方針を取り入れています。

NHKの今後のアプローチはネットの可能性も

NHKの収入源である受信料。

NHKは受信料に関する重要な変更について発表をしました。

 
まず、2023年5月の説明会で、受信料は「視聴のための対価」ではなく、NHKの運営資金としての負担金であることが明らかにされました。

訪問営業は完全には終了せず、状況に応じて直接視聴者と話をする機会もあるとのこと。

また、受信料の徴収方法として「特別宛所配達郵便」を活用する方針が示されました。

 
訪問営業の外部委託は2023年9月末に終了しますが、直接雇用者は少数ながらも残る状態です。

 
今後の主な収集方法としてネット契約がターゲットとされています。

さらに、2023年8月の報告により、ネットでNHKを視聴する人からの受信料徴収が決定したという噂もあります。

対象者はNHKの専用アプリをインストールし契約手続きを行った人という話が出ています。

 
今後の動向に注目していきましょう。

NHKの訪問営業の再開に関する総まとめ

  • NHKの訪問営業再開の可能性は現在の状況では低い
  • NHKの財政状況の悪化や受信料の未納問題で再開の可能性は否定できない
  • NHKの訪問営業は数十年にわたる歴史がある
  • 訪問員のマナー問題や強引な契約の勧誘が廃止の最大の理由
  • 受信料の公平性に対する疑問が存在
  • 訪問のタイミングが不定期であるため、受信者の生活の邪魔になる可能性がある
  • NHKの訪問営業には過去に多くの問題点が存在していた
  • 訪問員が何度も再訪問することで不快感を与えることがあった
  • 既に受信料を支払っているにも関わらず、再度の支払いを求められることがあった
  • 一部の訪問員の対応が不適切であるとの声がある
  • NHKの訪問営業に対して冷ややかな反応が多い
  • 受信料の額や取り扱いに不満を持つ受信者が多い

 
NHKの訪問営業は、我々にとって好ましいものではないですよね。

外部委託が廃止になったとはいえ、訪問営業が再開する可能性がゼロではありません。

そのため、今後のNHKの動きや受信料に関する情報をしっかりとキャッチしていきましょう。​