◎ 本記事のポイント

  1. 20歳ニートの客観的な現状が分かる。
  2. 今後どういう選択肢があるかが分かる。
  3. 国民年金や税金面での現実が分かる。
  4. ステップアップの方法が分かる。
  5. 将来設計のポイントが分かる。

20歳 ニート

「20歳ニート」という言葉を耳にすることが増えてきました。

現状や将来への不安など様々なことを考えてしまうでしょう。

 
そこで、20歳ニートが直面する現実と不安要素をピックアップしました。

この記事が現状の不安を客観的に把握し、問題を乗り越える材料となれば幸いです。

20歳ニートの現状の不安と将来は?

現在の日本において、20歳のニートが増えてきています。

実際、どんな不安要素があるでしょうか?

 
進学や就職の問題、税金、周囲からの評判など様々あると思います。

そこで、そんな様々な問題について、ピックアップしていきます。

20歳ニートと大学の選択

大学選びは、20歳のニートにとって良い選択の一つです。

頑張り次第で有名大学を目指すのも可能でしょう。

しかし、それよりも自分の興味や将来のキャリアを重視して学部や学科を選ぶことがより肝心です。

 
現状のIT産業の急成長を考慮し、情報学部や工学部を選ぶことは、将来のキャリア形成にかなり有利です。

AIを活用できる分野、国際的に活躍できる分野もオススメです。

将来の就職活動において大きなアドバンテージとなるでしょう。

 
20歳ということで多少ハンデはありますが、上記の分野であれば十分取り戻しが可能です。

なので、ただ学歴をつけたいから、なんとなく就職に有利そうだからという理由では避けた方が無難です。

そうなれば、年齢が若い学生が採用されやすくなるので、強みを活かす大学選びを意識しましょう。

20歳ニートの就職活動の現実

20歳のニートが就職活動を始める際、多くが経験不足やブランクを理由に不安を感じることでしょう。

日本の雇用市場の動向を見ると、新卒採用が主流となっているのは確かです。

 
現在専門学校に通っていたり、短大・大学に通っている人と比べて、劣等感を感じてしまうことは仕方がありません。

そういう方々と比較すると、就職が厳しくなるのは事実です。

だからといって、ここで人生が決まってしまうわけではありません。

 
まだまだ挽回可能です!

働いてからが勝負なので、20歳であれば十分可能性があります。

 
特に最近は、中小企業や地域密着型の企業では、人物重視の採用が増えてきています。

熱意や意欲をしっかりと伝えることで、チャンスを掴むことも十分可能です。

20歳の高卒ニートが就職するには?

高卒の20歳ニートが就職を目指すということは、まだ就職経験なし、もしくはブランクがあったことでしょう。

そのため、自分の興味や得意なことを明確にし、それを活かせる職種を探ることが大切です。

 
とはいえ、中々自分の興味や得意なことを探し出すのが難しいのも事実。

そんな場合には、地域の就職支援センターや職業訓練校を活用していきましょう。

実務経験や必要なスキルを習得することで、強みに繋げることができますよ。

 
自分の強みを理解して可能性を拡げることが、就職活動を成功させる鍵となります。

引きこもりとニートの違い

引きこもりとニートは、表面的には似ているように感じられるかもしれません。

その背景や原因には大きな違いがあります。

 
引きこもりは、社会的な交流を避ける行動が特徴で、家から出られない状況を指します。

ニートは、経済的な理由や就職の困難さから、一時的に働かない状態を指します。

この違いを理解することで、就職や社会復帰の道を模索する際のヒントとなるでしょう。

20歳の引きこもり&ニートは危険?

20歳で引きこもりかつニートという両方に当てはまる場合は危険でしょうか?

上記の状態が長期間続くと、精神的なリスクや経済的なリスクが高まります。

 
引きこもりは社会的な孤立となります。

また、ニートの状態が続くと、経済的な自立が難しくなることが考えられます。

そのため、うつ病や不安障害のリスクを増加させる可能性があります。

 
しかも、この状態が続くと、社会に出られなくなるリスクがどんどん高まります。

まずは引きこもりの状態を少しずつ軽減させるところから、対策をしていく必要があるでしょう。

働いたことがないニートの心構え

20歳で一度も働いたことがないニートが、初めての就職を目指す際、心構えは非常に重要です。

面接時には、自分の経験や熱意をアピールすることで、企業側に自分の魅力を伝えることができます。

就職活動は挑戦の連続ですが、前向きな姿勢と適切な準備が成功の鍵となります。

国民年金は20歳ニートでも支払いが必須?

国民年金は20歳から60歳までの国民が加入することが義務付けられています。

そのため、20歳ニートでも支払いの義務があります。

ニートだと定期的な収入がないため、毎月の保険料の支払いが難しい場合があります。

 
親と同居している場合や一人暮らしなど条件によって異なりますが、軽減措置や納付猶予を受けることもできます。

この制度を活用することで、支払いの負担を減らすことが可能です。

もし国民年金の支払いが厳しい場合には、年金制度に関する適切な情報を入手し、計画的に対応していきましょう。

人生が辛いと感じる20歳は周囲からのサポートを活用しよう

20歳で人生が辛いと感じる場合、その原因は多岐にわたります。

精神面・金銭面・就職の困難さなど、様々な要因が考えられます。

 
このような状況を乗り越えるためには、まずは自分の状況や悩みをしっかりと認識することが大切です。

まずは精神面の不安定さがあれば、第一に改善すべきです。

 
具体的には、カウンセリングや心理療法を受けることで、自分の感情や悩みを理解し、解決の糸口を見つけることができます。

自分一人で抱え込まず、専門家や信頼できる人々のサポートを活用することで、前向きな方向へと進むことができます。

 
精神面が良い状況でなければ、就職活動は厳しいものとなるでしょう。

そのため、精神面を整えた上で就職を考えることが大切です。

20歳ニートはまずフリーターへステップアップを目指そう

20歳のニートがいきなり正社員として働くのは、どうしても難易度が高くなります。

そのため、ステップアップとしてフリーターとして働く道を選ぶ選択肢があります。

 
フリーターとしての働き方は、自由度が高く、多様な経験を積むことができます。

このセクションでは、ニートからフリーターとして働く場合のことについて、お伝えしていきます。

20歳ニートのアルバイト選びのポイント

20歳のニートがアルバイトを選ぶ際のポイントは、興味があることや得意なことを生かすことがオススメです。

その上で長期的なキャリア形成を見据えることが大事です。

フリーターを通じて社会経験を積むことによって、将来の就職活動やキャリア形成にも役立ちます。

 
ただし、アルバイト先の選び方や働き方には注意が必要です。

長時間の労働や過度なストレスは、健康を害するリスクがありますので、適切なバランスを取ることが大切です。

 
また、アルバイト先での人間関係や業務内容をしっかりと確認することで、正社員へのステップを踏むことができます。

フリーターの場合の税金はどうなる?

ニートの場合に、国民年金がかかることを先程お伝えしてきました。

その上で、フリーターの場合にはプラスαで税金がかかります。

 
フリーターとして働く場合、収入に応じて所得税住民税を支払う必要があります。

具体的には、年収が103万円以上の場合、所得税がかかります。

特に、住民税は前年の所得に応じて計算されるため、翌年に注意が必要です。

 
フリーターの場合には、税金がかかることも頭の片隅に入れておきましょう。

20歳フリーターでもやばい?

20歳のフリーターでもやばいのでしょうか?

結論から言うと、現段階であればやばくはありません。

ただし、将来的にずっと同じ状態はやばいと言えます。

 
フリーターとしての生活は、自由度が高い一方で、安定した収入やキャリアの確立が難しいという現実があります。

そのため、フリーターになった後に、適切な情報収集や就職活動への取り組みが不可欠です。

特に20代前半の時期は、キャリアの土台を築く重要な時期であり、適切な情報収集や経験が将来の成功の鍵となります。

フリーターでの将来設計の考え方

フリーターが将来の設計を考える際のポイントは、自分の興味や目標を明確にすることです。

フリーターとしての生活は、自由度が高く、多様な経験を積むことができます。

 
しかし、将来的には安定した収入や生活を求める場合があります。

そのため、適切な時期に正社員としての就職を目指すことや、資格取得を考えることが大切です。

また、将来のライフプランを明確にし、それに合わせたキャリアプランを策定することで、より充実した人生を送ることにつながります。

20歳前半のフリーターの就職活動のコツ

20歳のフリーターが正社員としての就職を目指す場合、その就職活動にはコツが必要です。

まず、フリーターとしての経験を生かすことが大切です。

 
働くという経験することで、スキルや人間関係の構築スキルを持つことができます。

その上で就職活動を進めることで、あなたの経験を活かした企業や職種を選ぶことにつながります。

 
20歳ニートが無理なくステップアップしていくためにも、まずはフリーター⇒正社員という道を考えてみてはいかがでしょうか?

20歳ニートの現状と将来に対する考え方の総まとめ

  • 20歳のニートは現状を把握し、将来へのステップを考えた方がよい
  • 大学選びを考える際は、自分の興味や将来のキャリアを重視して学部や学科を選ぶことが肝心
  • 20歳のニートが就職活動を始める際、不利な状況を乗り越える必要がある
  • 20歳で働いたことがない人は、自分の強みや興味を活かして適切な職種を見つけることが鍵
  • 20歳で人生が辛い場合、適切なサポートやカウンセリングを受けることが大切
  • ニート&引きこもりの状態が続くと、精神的や経済的なリスクが高まる
  • 高卒の20歳ニートが就職を目指す際、自分の興味や得意なことを活かすことが大切
  • 20歳ニートでも国民年金を納める義務がある
  • 20歳のニートのステップアップとして、まずはフリーターになる選択肢もアリ
  • アルバイトを通じての社会経験は、将来のキャリア形成に役立つ

 
20歳ニートの場合、大学進学・フリーター・正社員などへの就職といった選択肢があります。

大学進学を考える場合には、IT系など需要の高まっている学部や学科を選ぶと、将来性が高まりやすいです。

 
ニートの状態が続けば、経済的なリスクが高まっていくため、長く続けることはオススメしません。

まずはフリーターで働く経験を積むのが、ハードルの低いステップアップ方法です。

その上で、正社員を目指すのが負担が少ないと言えます。

 
そのためにも、自分の興味や目標を明確にし、少しずつステップアップをしていきましょう。