モグラを殺してはいけないことを示す画像

◎ 本記事のポイント

  1. モグラを殺してはいけない理由が分かる。
  2. モグラがなぜ庭に出てくるのかが分かる。
  3. モグラがどこから来るのかが分かる。
  4. モグラを退治する方法が分かる。
  5. 退治には専門業者に依頼する選択肢もあることが分かる。

一見可愛いイメージがありますが、被害を受ける可能性もあるモグラ

特に、自宅の庭などが荒らされると、モグラは非常にやっかいな存在となります。

 
それなら、モグラをやっつけてしまえば…

ちょっと待ってください、それは駄目なのです。

モグラ殺してはいけないのはなぜでしょうか?

 
モグラを殺してはいけないのには、大きな理由があります。

その理由について、お伝えしていきます。

 
この記事では、モグラとの共存方法安全に退治する方法を見ていきましょう!

モグラを殺してはいけないのはどうして?

モグラを殺してはいけないこと理由を表す画像

モグラを殺してはいけないのはなぜでしょうか?

 
その理由で最も重要なのは法的な観点です。

モグラは野生動物保護の対象となっているのです。

 
どういうことなのかを詳しく見ていきましょう。

モグラを殺してはいけない理由は?

モグラは鳥獣保護管理法によって保護されている生物です。

この法律は野生の動物を無闇に捕獲や殺害から守ることを目的としています。

そのため、モグラを無許可で捕獲や殺害する行為は法的に禁止されているのです。

 
参考として、環境省のホームページをご確認くださいませ。
⇒ 鳥獣保護管理法の概要

 
特に、モグラの中には絶滅危惧種や準絶滅危惧種に指定されている種類もいます。

生物多様性の維持にも大切な役割を果たしているとも言えるでしょう。

 
しかし、例外もあります。農業や林業に深刻な被害を与える場合、地域によっては許可無しでの捕獲や駆除が認められていることもあります。

このような場合は、地元の自治体や専門家に相談し、適切な方法で対処することになります。

なぜ鳥獣保護法で守られているのか?

  1. 生物多様性の維持: モグラは生態系の中で重要な役割を担っています。土壌の健康を維持し、害虫の数を自然に調節するなど、環境にプラスの影響を与えています。
  2. 絶滅のリスク: 一部のモグラは絶滅の危機に瀕しており、これらの種を保護するための法的措置が必要です。
  3. 人間との共存: モグラを無差別に駆除することは、最終的には人間自身の生活環境にも悪影響を及ぼす可能性があります。

 
以上の理由から、モグラを殺してはいけないのです。

モグラが庭にいるのはなぜ?

モグラは主に地中で生活しており、エサを探すために庭に現れることが多いです。

庭の土壌には、モグラの主食であるミミズや昆虫が豊富に存在します。

そのため、モグラにとって魅力的な環境なのです。

モグラが庭を選ぶ理由

  1. エサの豊富さ: 庭や畑にはミミズや昆虫が多く生息しており、モグラにとって理想的な食料源です。
  2. 安全性: 地上は天敵や危険が多いため、モグラは地中の安全な環境を好みます。
  3. 生活環境: 柔らかく掘りやすい土壌や、湿度の高い環境はモグラにとって理想的な生活環境を提供します。

モグラはどこから来る?

モグラが庭に現れるのは突然のことのように思えますが、実は理由があります。

 
モグラは独特の生活パターンを持ち、単独で活動しながら地下のトンネルを広範囲にわたって掘り進めます。

モグラの出現は、特に栄養豊富な土壌に引き寄せられることが多いです。

 
モグラはエサを求めて移動するため、ミミズや昆虫が豊富な庭は彼らにとって理想的な環境となります。

モグラが好む環境

  • 栄養豊富な土壌: 栄養豊富な土壌は、モグラのエサとなる小動物が多いことを意味します。
  • 静かな環境: 都市部や人の出入りが多い場所よりも、静かな郊外の庭の方がモグラにとって安全な環境です。
  • 十分な湿度: 土壌の湿度が高い場所は、モグラにとって掘りやすく、生活しやすい環境となります。

モグラが出てくる理由は?

モグラが庭に出てくる主な理由は、食料を探しているためです。

 
モグラは非常に食欲旺盛で、地中での生活に適応しています。

モグラは地下のトンネルを掘り進めながら、ミミズや昆虫などの小動物を食べて生きています。

 
また、モグラの消化システムは非常に速いため、ほぼ絶えず食事を取る必要があります。

そのため、モグラは常に新しい食料源を探して活動しています。

モグラの食生活

  • 食事の頻度: モグラは1日に体重の約70%に相当する食物を摂取する必要があります。
  • 食料源: モグラの主な食料源は地中に生息する小動物、特にミミズです。
  • 食事の探求: モグラは食料を求めて、1日に数百メートルものトンネルを掘ることがあります。

モグラを殺してはいけないなら退治をしよう!

モグラを退治する画像

モグラの存在が問題となる場合でも、モグラを殺してはいけません。

そのため、退治を考える必要があります。

 
退治とはモグラを傷つけることなく、庭や畑から遠ざける方法を指します。

自然に優しい対策としては、モグラが嫌う臭いを利用したり、庭の環境をモグラが好まないように変えたりする方法があります。

 
モグラを殺すのではなく、退治する方法について、見ていきましょう。

モグラ退治にはコーヒーが有効?

意外かもしれませんが、実はコーヒーの香りがモグラ退治に効果的なんです。

モグラはコーヒーの強い香りを好まないため、庭や畑にコーヒーカスを撒くことで、遠ざけることができます。

 
コーヒーは環境に優しく、かつ手軽に試せる方法です。

特に庭いじりが趣味の方にはおすすめです。

コーヒーカスの利用方法

  • 撒き方: 庭や畑のモグラが出る可能性のあるエリアにコーヒーカスを均等に撒きます。
  • 撒く量: 1平方メートルあたり約100グラムのコーヒーカスを撒くと良いでしょう。
  • 頻度: 雨が降った後や、香りが薄れてきたと感じたら、再度撒き直しましょう。

注意点

  • 一時的な効果: コーヒーカスは一時的な対策であり、根本的な解決には至りません。
  • 他の植物への影響: コーヒーカスは土壌の酸性度を変える可能性があるため、使用する際は植物への影響にも注意が必要です。

モグラ退治の正露丸による効果

正露丸もモグラ退治に一定の効果を発揮します。

正露丸はその特有の強烈な臭いで、モグラを撃退することができるのです。

 
モグラが嫌う臭いを利用した自然な方法であり、化学薬品を使わないため環境に優しいという利点があります。

正露丸の使用方法

  • 配置: モグラの通路や穴の入り口近くに正露丸を置きます。
  • 量: 1か所につき1〜2粒程度が適量です。
  • 頻度: 正露丸の臭いが薄れたり、雨で流されたりした場合は、再配置が必要です。

効果と注意点

  • 一時的な対策: 正露丸もまた一時的な効果であり、モグラの生息環境を根本から変えることはできません。
  • ペットや子供への影響: 正露丸は人間やペットに有害である可能性があるため、使用する際は十分に注意してください。特に子供やペットが触れる可能性のある場所には設置しないようにしましょう。

モグラに唐辛子を使った退治方法も

モグラは臭いに非常に敏感で、特に唐辛子のような刺激的な香りを嫌います。

この性質を利用して、庭や畑に唐辛子を撒くことで、モグラを効果的に遠ざけることができます。

 
非常にシンプルでコスト効率の高い方法であり、化学的な退治方法を避けたい方に特に適しています。

唐辛子を使ったモグラ退治の方法

  • 使用する唐辛子: 粉末状の唐辛子が最適です。
  • 撒き方: モグラの活動が確認されたエリアに直接唐辛子を撒きます。
  • 使用量の目安: 1平方メートルあたりにスプーン1〜2杯の量を撒くのが効果的です。

注意点

  • 持続性の問題: 唐辛子の効果は雨や風によって薄れるため、定期的な再撒きが必要です。
  • 植物への影響: 高濃度の唐辛子は植物に影響を与える可能性があるため、植物の近くで使用する際は注意が必要です。

専門業者によって退治する方法も

自分での対処が難しい場合や、広範囲にわたるモグラの被害がある場合には、専門の害獣駆除業者への相談が最も安全かつ確実な方法です。

専門業者はモグラの生態に精通しており、法律を遵守した上で効果的な対策を提供してくれます。

専門業者による対策の利点

  • 専門知識: モグラの生態や行動パターンを理解し、最も効果的な対策を提案してくれます。
  • 安全性: 専門業者は安全な退治方法を採用し、人間やペット、環境への影響を最小限に抑えます。
  • 長期的な解決: 根本的な原因を特定し、再発を防ぐためのアドバイスを提供します。

選ぶ際のポイント

  • 信頼性: 実績や口コミ、資格を持っているかどうかを確認しましょう。
  • 対応範囲: 自宅周辺で対応可能な業者かどうかを確認します。
  • コスト: 費用やサービス内容を比較検討し、適切な業者を選びましょう。

 
専門業者にお願いする際には、費用がリーズナブルな害獣レスキュー隊がオススメ。

地域によってモグラの駆除が対応していないところもありますが、まずはメールで無料相談だけでもしておきましょう。

 
モグラを殺さずに退治する方法について、お伝えしてきました。

最後にモグラに関する疑問点について、見ていきましょう。

モグラに関する疑問点をピックアップ!

殺してはいけないモグラの画像

モグラに関しては多くの疑問点が存在します。

 
例えば、モグラが庭や畑にどのような影響を与えるのか、モグラの穴はどのように対処すべきか、などが挙げられます。

これらの疑問に対処するには、モグラの生態や行動パターンを理解することが重要です。

 
また、モグラの存在がもたらすメリットとデメリットを理解し、自然との共生を図る方法を考えることも大切です。

モグラに関する代表的な疑問点をピックアップしたので、見ていきましょう。

モグラがいるメリットは?

モグラがいることには、実は様々なメリットがあります。

 
一見すると庭を荒らす厄介者のように思えます。

ですが、彼らは自然の重要な一員としての役割を果たしています。

 
モグラがいることによる利点を知ることで、彼らとの共存方法を考えるきっかけになるかもしれません。

モグラの環境への貢献

  • 害虫の自然調節: モグラは土中の害虫を食べることで、害虫の数を自然に抑制しています。
  • 土壌の通気性向上: モグラが掘るトンネルは、土壌の通気性を高め、健康な土壌を維持するのに役立ちます。
  • 栄養循環の促進: モグラの活動によって、土壌の中の栄養が循環し、植物の健康に寄与します。

モグラの存在の価値

  • 生態系のバランス: モグラは生態系において重要な役割を担っており、その存在は多様な生物のバランスを保つのに寄与しています。
  • 自然の一部: モグラは自然の一部として、我々の周りの生態系に貴重な貢献をしています。

モグラの穴は放置して大丈夫?

モグラの穴を放置すると、様々な問題が生じる可能性があります。

モグラが空けた穴は、庭や畑の美観だけでなく、安全性にも影響を及ぼすことがあります。

そのため、モグラの穴を放置しては駄目です。

モグラの穴による問題点

  • 地面の不安定化: モグラの穴により地面の安定性が低下し、転倒などの危険が生じます。
  • 土壌の栄養バランスの崩れ: トンネルによって土壌の構造が変わることで、栄養バランスが崩れる可能性があります。

モグラの穴の処理方法

  • 穴の埋め戻し: モグラの穴を見つけたら、土で埋め戻し、地面を踏み固めることが重要です。
  • 穴の定期的なチェック: 庭や畑を定期的にチェックし、新たな穴がないか確認することも大切です。

モグラの穴を埋める方法は?

モグラの穴を放置すると、庭や畑に悪影響を及ぼす可能性があります。

穴を適切に処理することで、これらの問題を防ぐことができます。

モグラの穴を埋める際には、以下の手順を踏むことが重要です。

穴埋めの手順

  1. 水の注入: まず、穴に水を注ぎます。これにより、モグラがいないことを確認し、また、モグラが再び穴を掘ることを防ぎます。
  2. 土の充填: 次に、穴に土を詰めます。しっかりと土を押し固めることが重要です。
  3. 圧縮: 土を詰めた後は、地面を踏み固めて平らにします。

注意点

  • モグラの安全: 穴に水を注ぐ前に、モグラが穴の中にいないことを確認してください。
  • 定期的なチェック: 埋めた後も、同じ場所に新たな穴が開かないか定期的にチェックすることが大切です。

モグラで家が傾くことはある?

モグラのトンネル活動が家の土台や周囲の地盤に影響を及ぼすことは基本的に心配不要です。

ですが、完全に無視できるわけではありません。

 
特に大量のモグラによって広範囲にわたるトンネルが掘られた場合は要注意。

土壌の強度が低下し、結果的に家屋への影響が発生する可能性があります。

家屋への影響の懸念

  • 地盤の弱化: 多数のトンネルによって地盤が弱化し、家屋の安定性に影響を与える可能性があります。
  • 家の傾斜: 極端な場合、地盤の弱化により家が傾くことも考えられます。

対策と相談

  • 専門家の相談: 家の近くでモグラの活動が活発な場合は、地盤の専門家や建築士に相談することをお勧めします。
  • 定期的な監視: 家周辺の地盤の状況を定期的にチェックし、異常が見られた場合は速やかに専門家に相談してください。

モグラを殺してはいけないことに関する総まとめ

モグラを殺してはいけないことに関して、振り返っておきましょう。

◎ 記事のポイントまとめ

  1. モグラは法的に保護されている生物で、無許可での捕獲や殺害は禁止されている
  2. 一部のモグラは絶滅危惧種であり、その保護は生物多様性の維持に不可欠
  3. モグラは土壌の健康維持に貢献し、自然環境のバランスを保つ上で重要
  4. モグラのトンネル活動は土壌の通気性を高め、栄養素の循環を助ける
  5. 農業や林業に深刻な被害がある場合、地域によってはモグラの駆除が許可されることも
  6. モグラの存在は庭や畑の害虫を自然に調節し、生態系のバランスに貢献
  7. モグラは地中での生活に適応しており、エサを求めて庭や畑に現れる
  8. モグラの食欲は旺盛で、常に新しい食料源を探して活動
  9. 自然に優しいモグラ退治方法として、モグラが嫌う臭いを利用する方法がある
  10. コーヒーカスや正露丸、唐辛子を使用したモグラ退治方法が存在
  11. 専門の害獣駆除業者は法律を遵守し、安全で効果的なモグラ退治を提供
  12. モグラの穴は土壌の健康や安全性に影響を与えるため、適切に処理が必要
  13. 大量のモグラ活動により家屋や土壌に影響が出ることもある

 
モグラを殺してはいけないのには法律が関わっているので、やめましょう。

そのため、退治を考えることを考えてくださいね。

 
モグラとの共存は私たちの自然環境を守る上で重要です。

モグラに対する理解を深め、適切な対応を心がけましょう。

もし問題が発生した場合は、専門家の助けを借りることを頭に入れておいてくださいね。

 
自然と調和しながら、美しい庭や畑を維持するための一歩を踏み出しましょう!