リンパマッサージをしてはいけない人の基準を調べている女性

◎ 本記事のポイント

  1. リンパマッサージをしてはいけない人の基準が分かる。
  2. なぜリンパマッサージをしてはいけないかの理由が分かる。
  3. 特定の持病がある人は注意する必要性が分かる。
  4. リンパマッサージをやるべきではない人のリスクが分かる。
  5. リンパマッサージのデメリットや危険性が分かる。

リンパマッサージは健康や美容に多くのメリットがあります。

全身のリンパ液の流れが良くなることで、体内の老廃物の排出を促す効果があるは確かです。

しかし、リンパマッサージは全ての人に適しているわけではありません。

 
健康状態に問題がある方や持病を持つ人にとって、リスクが伴います。

リンパマッサージしてはいけない人は、どんな要素がある人でしょうか?

 
この記事では、リンパマッサージが適さない主な7つの要素を解説していきます。

それぞれの要因について、見ていきましょう。

リンパマッサージをしてはいけない人は?

リンパマッサージをしてはいけない人に該当しているか気にしている女性

リンパマッサージは健康に良い人がいる一方で、やるべきではない人もいます。

リンパマッサージをしてはいけない人は、どんな要素がある人でしょうか?
 

  1. 皮膚に炎症や湿疹がある人
  2. 妊娠している人
  3. 心臓に疾患がある人
  4. 感染症のある人
  5. 腎臓の機能が低下している人
  6. 静脈瘤や血栓がある人
  7. 体調が悪い人

それぞれの要因について、見ていきましょう。

① 皮膚に炎症や湿疹がある人

リンパマッサージはデトックスに効果があるとされていますが、皮膚に炎症や湿疹がある場合は別です。

その理由が下記です。
 

  • リンパマッサージによる刺激が炎症を悪化させる: 皮膚に直接触れるリンパマッサージは、炎症を引き起こしている部位をさらに刺激し、症状の悪化を招きます。赤みやかゆみ、痛みが増すことがあります。
  • 敏感肌や皮膚疾患を抱える人への影響: 敏感肌の人や既に皮膚疾患を抱えている人にとっては、リンパマッサージがさらなる刺激となり、症状を増悪させる恐れがあります。

対処法

  1. 医師のアドバイスを求める: 皮膚の状態に問題がある場合は、リンパマッサージを行う前に医師に相談し、適切なケアを受けることが重要です。
  2. 刺激の少ないタッチ: もしリンパマッサージを行う場合は、炎症部分を避けて、なでるだけのようなタッチで行う必要があります。ただし、基本的に炎症や湿疹がある場合は避けるのが賢明です。

② 妊娠している人

妊娠中の女性がリンパマッサージを受けることは避けた方がいいです。

妊娠による体の変化を考慮する必要があります。
 

  • リンパの流れや血行の促進: リンパマッサージはリンパの流れや血行を促進するため、妊娠中の体に影響を及ぼす可能性があります。特に妊娠初期や後期はリスクが高まります。
  • お腹の張りやその他の不調: リンパマッサージによってお腹の張りや不調が生じることがあり、母体や胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。

対処法

  1. 医師のアドバイス: 妊娠中のリンパマッサージは医師のアドバイスを受けることが大切です。特にリスクが高い妊娠初期や後期では、マッサージを完全に避けることを推奨します。
  2. 穏やかなマッサージ: もし医師がマッサージを許可した場合でも、お腹周りは避け、全体的に軽いマッサージに留めるべきです。

③ 心臓に疾患がある人

心臓疾患を抱える人にとって、リンパマッサージはやるべきではありません。

以下は、心臓疾患がある際のリンパマッサージのリスクが下記です。
 

  • リンパマッサージが心臓に与える影響: リンパマッサージは血液循環を促進する効果があるため、心臓に余計な負担をかける可能性があります。特に、心不全や冠動脈疾患などの重篤な心臓病を持つ人は、リンパマッサージが過度のストレスとなり得ます。
  • 心臓疾患患者におけるリスク: リンパマッサージによる血液循環の改善は、一見すると有益に思えますが、心臓疾患を持つ人には逆効果となることがあります。心臓に問題がある場合は、医師からのアドバイスに従うことが不可欠です。

対処法

  1. 医師の診断と相談: 心臓疾患を持つ人は、リンパマッサージを行う前に必ず医師に相談し、アドバイスに従うべきです。
  2. 軽度のマッサージ: 医師が許可した場合でも、軽度のマッサージに留めることを推奨します。強い圧力や深部組織へのマッサージは避けるべきです。

④ 感染症のある人

感染症のある人にとって、リンパマッサージはリスクを伴います。

感染症を持つ人がリンパマッサージを受ける際のリスクと対処法が下記です。
 

  • リンパマッサージと感染症のリスク: リンパ系は体内の不要物を運ぶ役割を持ちますが、感染症の原因となる微生物が全身に広がる可能性があります。特に、細菌やウイルスによる感染症のある人は、リンパマッサージにより症状が悪化する恐れがあります。
  • 感染症の拡散の可能性: リンパマッサージは、感染症のある部位に対する刺激によって、菌やウイルスが他の部位に拡散する可能性があります。特に、免疫系が弱っている場合にリスクが高まります。

対処法

  1. 感染症の症状がある場合はマッサージを避ける: 感染症の症状がある場合は、リンパマッサージを避けるべきです。マッサージによる刺激が感染の拡散を促進する可能性があります。
  2. 医師のアドバイスを仰ぐ: 感染症のある人がリンパマッサージを検討する場合は、まず医師のアドバイスを求めることが重要です。

⑤ 腎臓の機能が低下している人

腎臓の機能が低下している人がリンパマッサージを受けることは、避けるべきです。

以下に理由と注意点を説明します。
 

  • リンパマッサージと腎臓への影響: リンパマッサージは全体の血流を改善する効果がありますが、腎臓に余計な負担をかけることになります。マッサージによって血液の流れが増加し、腎臓での血液濾過量が増加するためです。
  • 既に低下している腎機能への影響: 血液の流れの増加は、正常な腎臓では問題ありませんが、機能が低下している腎臓にはストレスとなります。腎臓病の進行を早める可能性があるため、リンパマッサージは避けるべきです。

対処法

  1. 医師の診断: 腎臓の機能が低下している人は、リンパマッサージを受ける前に医師に相談することが重要です。
  2. 腎臓への影響を最小限に: もし医師がマッサージを許可した場合でも、腎臓に影響を与える可能を考慮して、強く推すマッサージは避けるべきです。

⑥ 静脈瘤や血栓がある人

静脈瘤・血栓がある人がリンパマッサージを受けることは、避けるべきです。

以下にリスクと対処法について説明します。
 

  • リンパマッサージによるリスク: 静脈瘤や血栓がある場合、リンパマッサージによって状態が悪化する可能性があります。マッサージによる圧力が血管を損傷しやすく、特に静脈瘤の場合は血管が弱っているため、血管いダメージを与えるリスクが高まります。
  • 血栓が剥がれる危険性: 血栓がある場合は、リンパマッサージによって血栓が流れてしまい、肺塞栓症などの重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

対処法

  1. 医師の診断: 静脈瘤や血栓がある場合は、リンパマッサージを受ける前に医師の診断を受けることが必要です。
  2. マッサージの強度と方法: 医師が許可した場合でも、静脈瘤や血栓がある部位は避けるか、なでるだけのような優しいタッチで行う必要があります。

⑦ 体調が悪い人

体調が悪い時には、リンパマッサージを受けることを避けた方がいいです。

体調不良時のリンパマッサージのリスクと対処法が下記です。
 

  • リンパマッサージが体調不良に与える影響: 風邪などで体調が優れない時、リンパマッサージを受けると、体内のウイルスや細菌が全身に広がるリスクがあります。リンパ系が体内の不要物を運ぶ役割を担っているためです。
  • 体調不良時のリンパマッサージの危険性: 体調が悪い時にリンパマッサージを受けると、既存の病気が悪化する可能性があります。特に免疫力が低下している時には、感染症のリスクが高まります。

対処法

  1. 体調不良時は避ける: 風邪やその他の病気で体調が悪い時は、リンパマッサージを控えるべきです。体の回復に集中するために重要です。
  2. 医師のアドバイスを仰ぐ: 体調が悪い時にマッサージを考えている場合は、まず医師のアドバイスを求めることが重要です。

リンパマッサージをしてはいけない人が行うリスクとは?

リンパマッサージのリスクについて気にする女性

リンパマッサージは体内のリンパ液の流れを改善し、美容や健康に効果が期待できる施術です。

ですが、先程ご紹介した人には適しません。

 
もしも、リンパマッサージをしてはいけない人が行った場合、どんなリスクがあるのでしょうか?

リスクの内容について、見ていきましょう。

持病の症状が悪化する可能性

何らかの持病を持つ人がリンパマッサージを受けることは、症状を悪化させるリスクが伴います。

持病の症状が悪化するリスクと対処法が下記です。
 

  • リンパマッサージによる持病への影響: リンパマッサージは、体内の病原体が広がりやすくなる可能性があります。特に感染症や炎症性の皮膚病を抱えている場合、マッサージによって症状が激化する恐れがあります。
  • 持病がある場合のリンパマッサージの危険性: 持病がある人は、リンパマッサージによって症状が悪化するリスクがあります。病気の性質とリンパ系の相互作用によるものです。

対処法

  1. 持病がある場合は医師と相談: 持病を持つ人は、リンパマッサージを受ける前に医師と相談することが重要です。医師は患者の状態と病歴に基づいて、リンパマッサージの安全性を判断します。
  2. 症状に合わせたマッサージ: 医師がを許可した場合でも、持病の症状を考慮して、適切な強度と方法でリンパマッサージを行うべきです。

リンパマッサージ後に痛いと感じる可能性

リンパマッサージ後に、体が痛いと感じるようになる可能性もあります。

リンパマッサージによる痛みの原因と予防策が下記です。
 

  • リンパマッサージの施術方法: リンパマッサージによって、体に不必要な圧力がかかり、痛みを引き起こすことがあります。
  • 特定の状態でのリスク: リンパマッサージによる圧力が血管に影響を及ぼし、痛みやその他の症状を引き起こすことがあります。

予防策

  1. 資格を持つ専門家による施術: リンパマッサージを受ける際は、資格を持ち、経験豊富な専門家に施術を依頼することが重要です。
  2. なでるような優しいマッサージ: 強く推すのではなく、なでるだけのような優しいリンパマッサージを行うべきです。

リンパマッサージで死亡する可能性もゼロではない

リンパマッサージによる死亡のリスクは極めて低いです。

しかし、可能性はゼロではありません

以下にリスクについて説明します。
 

  • 重篤な健康状態とリンパマッサージ: 重篤な心臓疾患や重度の感染症を抱えている人がリンパマッサージを受けると、症状が急激に悪化する可能性があります。リンパマッサージは血液の循環に影響を与えるため、リスクが大きいです。
  • リンパマッサージのリスク管理: 健康状態に問題を抱える人は、リンパマッサージを受ける前に医師の意見を求めることが非常に重要です。医師が健康状態に基づいて、リンパマッサージが適切かどうかを判断します。

予防策

  1. 医療歴の共有: リンパマッサージを受ける前に、症状や状態を施術者に伝えるべきです。
  2. 医師の指示に従う: リンパマッサージについては、医師の指示に従うことが最も重要です。

リンパマッサージをしてはいけない人が把握すべきポイント

リンパマッサージでなでるだけにしている女性

リンパマッサージは一般的に多くの健康上のメリットをもたらします。

だだし、一部の人にとってはリスクになります。

 
リンパマッサージをしてはいけない人は、どんなことを把握すべきでしょうか?

以下のポイントを理解しておくことが重要です。

リンパマッサージのデメリット

リンパマッサージはメリットだけではなく、デメリットも存在します。

リンパマッサージによるデメリットが下記です。
 

  • 特定の健康状態でのリスク: 皮膚に炎症がある人・妊娠中の女性・心臓疾患や腎機能障害を持つ人にとって、リンパマッサージは症状を悪化させるリスクがあります。
  • リンパマッサージの副作用: リンパマッサージは、炎症・感染症の拡散・血圧の変動など健康問題を引き起こすリスクがあります。

リンパマッサージを受ける前の注意点

  1. 医師の診断: 健康状態に問題がある人は、リンパマッサージを受ける前に必ず医師に相談するべきです。
  2. リスクの評価: 医師が健康状態を考慮し、リンパマッサージの可否を判断します。

リンパマッサージの危険性

繰り返しになりますが、リンパマッサージには危険もあります。

リンパマッサージの危険性について、見ていきましょう。
 

  • リンパ液の流れの変化: リンパマッサージは、リンパ液の流れを変化させます。そのため、体内の炎症がある部位や感染症がある場合、症状が全身に広がるリスクがあります。
  • 特定の健康状態での危険性: 心臓疾患や血栓がある人では、リンパマッサージにより症状が悪化して重篤な状態を引き起こす可能性があります。

リンパマッサージを避けるべき場合

  1. 心臓疾患や血栓のある人: リンパマッサージによる悪影響のリスクが高いため、マッサージを避けるべきです。
  2. 感染症のある人: 感染症がある場合、リンパマッサージは症状の拡散を助長する可能性があるため、避けるべきです。

もしやるならリンパマッサージはなでるだけ程度にしよう

リンパマッサージをしてはいけない人に当てはまった場合でも、やりたい人もいるでしょう。

そのような場合には、なでるだけ程度で優しく行うべきです。
 

  • 穏やかなマッサージの重要性: 健康状態のリスクがある人々にとって、強く押すようなリンパマッサージはリスクを高める可能性があります。優しいマッサージと言えども、リンパの流れを優しく促進し、体に過度のストレスをかけません。
  • なでるだけのマッサージの方法: なでるだけ程度の強度でのリンパマッサージは、軽いタッチで体の表面をなでるように行います。それでも、リンパ液の自然な流れを促進し、リラクゼーションをもたらすのに役立ちます。

実践する際のアドバイス

  1. 専門家の意見を求める: リンパマッサージを受ける前には、必ず医師や資格を持つ専門家の意見を求めることが重要です。
  2. 体の状態に応じた調整: 体の特定の部位に炎症や敏感な箇所がある場合は、その部分を避けることが大切です。

リンパマッサージをしてはいけない人に関する総まとめ

リンパマッサージをしてはいけない人に関して、振り返っておきましょう。

◎ 記事のポイントまとめ

  1. 皮膚に炎症や湿疹がある人は、症状が悪化する可能性がある
  2. 妊娠中の女性は、胎児や母体に影響を及ぼす可能性がある
  3. 心臓疾患を持つ人は、心臓に過度のストレスを与える可能性がある
  4. 感染症がある人は、菌やウイルスが広がるリスクがある
  5. 腎臓の機能が低下している人は、腎臓にさらなる負担をかける可能性がある
  6. 静脈瘤や血栓がある人は、症状が悪化するリスクがある
  7. 体調が悪い人は、既存の病気が悪化する可能性がある
  8. 持病を持つ人は、リンパマッサージによって症状が悪化するリスクが高い
  9. リンパマッサージは体のリンパ液の流れを良くするが、一部の人にとってはリスクとなる
  10. リンパマッサージをなでるだけ程度の強度でも効果はある

 
リンパマッサージは多くのメリットがありますが、健康状態に問題がある人は注意が必要です。

今回ご紹介したリンパマッサージをしてはいけない人に該当した場合は、避けることをオススメします。

どうしても行いたい場合には、医師などの許可を得て、優しい強度のリンパマッサージにしましょう。