レバテックのCMがうざいと思っている男性

◎ 本記事のポイント

  1. レバテックのCMがうざいと言われる理由が分かる。
  2. CMを印象的に演出していることが分かる。
  3. ブランド認知の戦略が分かる。
  4. 視聴者の記憶に残る要因が分かる。
  5. レバテックという会社のことが分かる。

印象に残ってしまうレバテックのCM。

うざいと感じてしまう人もいるでしょう。

 
では、なぜレバテックCMうざいと感じてしまうのでしょうか?

それには主に2つの理由があります。

 
しかし、それと同時にレバテックの巧妙なブランド認知戦略の一部でもあるのです。

うざいと感じる理由とその背景にある事実について、見ていきましょう!

レバテックCMがうざい?その理由を探る!

レバテックのCMが視聴者の間で「うざい」との意見があります。

どういう理由があるのでしょうか?

 
その2つの理由について、具体的なCMをピックアップしてお伝えします。

具体的な内容について、見ていきましょう。

うざい声の理由①:レバテックCMでの宇宙人編

うざいと言われる理由の1つ目が、宇宙人編のCMです。

下記のCMをご覧ください↓

 
このCMのどういう部分がうざいと言われているのでしょうか?

うざいと言われる主な原因が下記です。

  • 声がうるさい
  • 冒頭からの叫び声でビックリする
  • 宇宙人キャラクターが気持ち悪い

上記のような理由でうざいと感じている方が一定数います。

 
確かに冒頭の叫び声でビックリしますよね(^^;)

うるさいという意見も分かる気がします。

 
また、レバテックのこのCMで宇宙人のキャラクターも話題になっています。

宇宙人キャラクターが話す言葉や声のトーンなどが、視聴者に強いインパクトを与え、記憶に残る効果を狙っています。

逆にそれも、一部の視聴者にはうざい・気持ち悪いと感じられる原因となっているのです。

レバテックCMの宇宙人女優は八木莉可子さん

レバテックCMの宇宙人役を演じているのは、八木莉可子(やぎりかこ)さんという女優です。

八木さんの表現力が、視聴者に強烈な印象を与えています。

その演技が視聴者の心に深く刻まれ、話題を呼んでいます。

 
彼女が演じる宇宙人キャラクターは、個性的な演技でCMを彩っています。

その存在感が、レバテックのCMの印象を一層引き立てているとも言えるでしょう。

レバテックCMの出演男性は賀来賢人さん

レバテックCMの宇宙人役を演じているのは、賀来賢人(かくけんと)さんという俳優です。

賀来賢人さんもまた、その存在感でCMを特徴づけています。

彼の深みのある演技が、視聴者にインパクトを与えています。

特に表情と声のトーンが、視聴者の心を捉えて離さないのです。

 
ただし、冒頭の寝起きの叫び声がうざいという意見も結構あります。

イヤホンやヘッドホンをしている場合には、音量に要注意です。

うざい声の理由②:レバテックCMがある曲のメロディーに似ている

うざいと言われる理由の2つ目が、下記のCMから来ています。

下記のCMをご覧ください↓

 
聞き覚えのあるメロディーと思ったかもしれません。

レバテックCMに使われているこのメロディーが、視聴者の耳に残るもう一つの大きな要因です。

下記の曲(DESIRE)を聴いてみてください↓

 
そのメロディラインが、中森明菜さんのDISIREという曲に似ていますよね!

これがレバテックのCMを「うざい」と感じさせる要因として、視聴者の間で話題になっています。

 
ですが、このメロディーが視聴者の心に刻まれる要因となっています。

うざいとも捉えられがちですが、レバテックCMの強烈な印象を生み出しているとも言えます。

このレバテックCMの女優は鳴海唯さん

このレバテックCMに出演しているのは、鳴海唯(なるみゆい)さんという女優です。

鳴海唯さんもレバテックCMにおいて、その魅力を存分に発揮しています。

彼女のナチュラルでありながらもハツラツとした演技が、視聴者の心に響いています。

彼女の存在が、このレバテックのCMを一層引き立てているのです。

 
曲のメロディーに関しては、うざいという声が一定数あります。

ですが、鳴海さんに対してうざいという意見は見当たりませんでした。

なので、彼女に非はないと言えるでしょう。

レバテックのCMがうざいと思われて大丈夫?

レバテック側はCMがうざいと思われるのは、大丈夫なのでしょうか?

実は問題ありません。

 
企業側としては、うざいと思われることで、視聴者の記憶に残す戦略を採っています。

詳しい内容について、見ていきましょう。

レバテックCMを記憶に残させたい

レバテックのCMでうざいという印象は、意外にもマーケティングにおいてポジティブな側面を持っています。

それは、強烈な印象が視聴者の記憶に残りやすいという特性から来ています。

強い印象は会社の認知度を向上させる効果を持つのです。

 
レバテックのCMは個性的な演出とキャラクターで、視聴者の心に強く刻まれます。

それは細部にわたる演出と、ストーリーテリングの技術が高いレベルで組み合わさっているからです。

 
視聴者がうざいと感じることで話題となり、人々の間で口コミが広がる。

この現象が社会的なバズりを生み出し、結果としてブランドや商品の露出を増やす効果があります。

 
個性的なCMは視聴者の感情に訴えかけ、長期間にわたって記憶に残るものです。

それは、視覚や聴覚を刺激する要素が豊富に含まれているからです。

レバテックのCMが印象に残る理由とは?

レバテックのCMが印象に残る理由は、その独自のキャラクター・メロディー・演技にあります。

これらの要素が絶妙に組み合わさって、視聴者の心に強く印象付けられるのです。

 
レバテックのCMに使われているメロディーは、視聴者の記憶に焼き付ける力があります。

中森明菜さんのDISIREを耳にしたことがある方であれば、なおさらでしょう。

 
演技もまた、その表現力で視聴者を引き込む要因となっています。

宇宙人のキャラクターなど個性が、視聴者の記憶に残るよう印象付けるのです。

 
これらの要素が、レバテックのCMを単なる広告から一つの芸術作品へと昇華させています。

レバテックはどんな会社?

レバテックはIT・Web業界に特化した人材サービスを提供している会社です。

独自のビジョンと戦略、斬新なCMで業界内外から注目を集めています。

 
レバテックは業界のトレンドを的確に捉え、それに応じた人材サービスを提供しています。

常に変化するIT・Web業界の動向に対応するため、柔軟な思考とスピーディな行動が求められます。

レバテックはこれらの要求に応え、業界の発展と共に成長を続けています。

 
レバテックの強みは、豊富なネットワークと専門知識に裏打ちされた質の高いサービスです。

業界の中でも高く評価されています。

レバテックの求人のメリット・デメリット

レバテックの求人には、多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

 
主なメリットが豊富な求人情報手厚いサポートが挙げられます。

専門的な知識とネットワークを持つレバテックは、求職者に合った仕事を効率的に見つける手助けをしています。

 
主なデメリットとしては、斬新なビジョンと戦略が一部の求職者には受け入れられにくい場合がある点です。

レバテックの求人は、常に業界の最前線を行くものであり、そのため一定のリスクも伴います。

 
レバテックの求人を閲覧する際には、これらのメリットとデメリットを踏まえておきましょう。

自身のキャリアと将来を考慮して、検討する必要があると言えます。

レバテックCMがうざいと言われる理由や特徴の総まとめ

  • レバテックのCMは一部の視聴者に「うざい」と感じられている
  • 宇宙人キャラクターの奇抜な演出が強烈な印象を与える
  • 女優八木莉可子さんの演技が宇宙人キャラクターをリアルに描写
  • 賀来賢人さんの存在感がCMの印象を強化
  • CMの曲がDISIREに似ており、これが「うざい」という印象を強めている可能性
  • 鳴海唯さんの演技も視聴者の記憶に新しい
  • 「うざい」という印象がブランドの認知度を向上させる効果を持つ可能性
  • レバテックのCMが視聴者の耳に残る音楽とリズム
  • レバテックはIT・Web業界に特化した人材サービスを提供
  • レバテックの求人は豊富なオプションと専門的なサポートを提供
  • 一方、斬新さが一部の求職者には受け入れられにくい側面も

 
レバテックのCMは、その個性的で印象的な演出で話題を呼んでいます。

一部の人には「うざい」と感じられるかもしれません。

 
ですが、記憶に残るCMとして印象が強いことも事実です。

マーケティングにおいてポジティブな側面を持っているという視点も頭に入れておきましょう!