Googleの口コミが悪口ばかりで困っている男性

◎ 本記事のポイント

  1. Googleで口コミが悪口ばかりになる背景が分かる。
  2. 悪い口コミを書く人の心理が分かる。
  3. 悪口に対する返信例が分かる。
  4. 悪口に対する削除依頼の方法が分かる。
  5. 悪質な口コミへの法的対処の手順が分かる。

Googleの口コミに悪口が多く書かれている…

怒りや疑問が沸き起こってくるでしょう。

 
なぜGoogle口コミ悪口ばかりになりがちなのでしょうか?

Googleの口コミは、多くの人が目にするため非常に目立つ存在となっています。

 
本記事では、Googleでの口コミが「悪口ばかり」となる背景を解説し、削除依頼や法的対処を進める方法をお伝えします。

あなたのビジネスや人間関係が一方的な口コミに揺さぶられることのないよう、具体的なステップと対策を共に学んでいきましょう!

記事の目次

Googleの口コミで悪口ばかりの背景&削除依頼方法

Googleの口コミで悪口ばかりになるのは、どうしてなのでしょうか?

その背景についてお伝えしていきます。

また、口コミの削除方法についても、見ていきましょう。

グーグルの口コミがひどいことへの悩み

Googleの口コミに悪口を書かれると、頭を抱えています。

原因が明確ならばまだしも、そうではない状況も多いもの。

悪口によって、お店などの評判が一気に落ちてしまう可能性もあります。

口コミの影響力

  • ビジネスの信頼性: 顧客の信頼を築くうえで、口コミは強力なツールです。好意的なものであればビジネスを飛躍的に成長させますが、逆に悪意あるものは一瞬でその評価を落とします。
  • 人間関係: 悪口やデマの口コミは悪い先入観を持たせてしまうことで、人間関係を悪化させるリスクがあります。

口コミの匿名性の問題

この問題の根幹には、口コミの匿名性があります。

これにより、実名を明かさずに任意の内容を投稿できるため、誰でもがビジネスに対して影響力を持つことができます。

 
対策としては常に顧客サービスの質を高く保ち、不満が生じにくい環境を作ること、

そして、もし悪口の口コミが投稿された場合は、問題に対して真摯に向き合う姿勢を見せましょう。

顧客に対してもその対応を明示することが重要です。

Googleの口コミで営業妨害に

Googleの口コミが営業妨害に直結するケースも増えています。

商品やサービスの評判が落ちると、売上に大きな悪影響が出ることもあります。

 
競合他社が意図的に悪い口コミを投稿することで、顧客を引き寄せようとする戦略が存在します。

特に、消費者は購入前に口コミを参考にすることが多いため、その影響は大きいです。

口コミによる営業妨害の具体例

  • 競合他社からの悪質な口コミ: 顧客を自社に引き寄せるため、意図的に悪い口コミを書くケースがあります。
  • 過去のトラブルの拡大: 小さなトラブルもインターネット上では大きく拡散され、ビジネスに大きなダメージを与えることがあります。

営業妨害への対策

対策として第一に考えるべきなのは、事実に基づいた口コミの信憑性を検証することです。

口コミが投稿された場合、それが事実に基づいているかどうかを確認しましょう。

 
もし、誤った情報が含まれている場合は、それを証明して訂正を求めることが必要です。

その上で、正確かつ具体的な情報提供を心がけ、消費者の信頼を勝ち取ることが大切です。

悪い口コミを書く人の心理とは?

悪い口コミを書く人の心理を解析すると、その背後には様々な要因が見えてきます。

それは単純にサービスや商品に不満があるからというだけでなく、もっと深い部分での人間心理が影響している場合もあります。

1. 商品・サービスに対する不満足の気持ち

商品やサービスに対する期待と実際の体験がマッチしないことから生じる不満です。

例えば、5000円の価値を期待して購入した商品が、実際には3000円の価値しかないと感じた場合などです。

2. 店舗への期待値が高い

顧客が特定の店舗やブランドに対して持っている期待値が非常に高い場合も原因です。

その期待に応えることができなかった際の失望感は大きく、悪い口コミとして表れることがあります。

3. 嫉妬や妬み

成功している他人や企業を見て、自分がそれに比べて劣っていると感じ、その劣等感から攻撃的な言動を取ることがあります。

4. 匿名性による開放感

インターネットの匿名性が、人々に開放感を与え、普段抑えている感情や意見を開放する場として利用されることがあります。

悪口ばかり書くのはなぜ?匿名性との関係

匿名性が高まるインターネット上では、人々が普段言えないようなことも口にする傾向があります。

自己の評判やリスクを気にせず、正直な意見や感情を表現できるからです。

匿名性の影響

  • 言動の自由度の増加: 匿名性により、リアルでの制約がなくなり、言いたいことを自由に言える環境が生まれます。これにより、普段は言えないような意見も投稿されるようになります。
  • 責任の希薄化: 匿名であることから、投稿した内容に対する責任感が希薄になり、攻撃的な言葉や誇張表現が増える傾向にあります。

対処法としては、口コミに返信して具体的な改善策を示すことが重要です。

また、悪意のある口コミには冷静に対応し、事実に基づいた情報を提供することで、他の顧客の信頼を勝ち取るアプローチが必要です。

悪口への効果的な返信方法

1. 不快な気持ちにさせた場合

例:
「〇〇様、当店をご利用いただき、ありがとうございました。ご不快な気持ちにさせてしまい、お詫び申し上げます。〇〇様のご意見は真摯に受け止め、サービス改善に努めます。」

2. 星1でコメントなしの場合

例:
「〇〇様、ご来店ありがとうございました。星1の評価、大変重く受け止めております。当店の改善点をお聞かせいただければ幸いです。お客様の声から学び、より良いサービスを目指します。」

3. 特定の悪い口コミに対する限定的な返信

例:
「〇〇様、ご指摘いただきありがとうございます。該当の問題については、事実確認を行い、必要な対応を取らせていただきます。お客様の満足を第一に、サービス向上を図ります。」

4. 誤った情報に基づく口コミへの対応

例:
「〇〇様、ご意見ありがとうございます。指摘いただいた内容について調査し、誤った情報であることが判明しました。正確な情報提供と、より良いサービスの提供を目指します。」

5. 面倒な口コミへのシンプルな返信

例:
「〇〇様、ご意見いただきありがとうございます。当店としては、指摘いただいた内容に該当する事実は確認できませんでしたが、改善への一助とさせていただきます。」

ポイント

  • 謙虚な態度で返信し、お客様の声を真摯に受け止める。
  • サービス改善への意欲を明確に示し、信頼を築く。
  • 誤った情報がある場合は、事実を正すとともに、感謝の意を示す。

悪質な口コミへの対処法:削除依頼とそのプロセス

悪質な内容の口コミが投稿された際、特に誹謗中傷などが含まれている場合、削除の手続きが必要です。

以下に、Google マップでの口コミ削除依頼の手順をわかりやすく説明します。

Googleマップでの削除依頼手順

  1. 削除を希望する口コミの隣に表示される三点リーダー(オプションメニュー)をクリック。
  2. 「不適切なクチコミとして報告」などを選択し、具体的な報告理由を指定して送信。

注意点

  • Googleのガイドラインに違反する内容でないと削除は難しい。
  • 削除依頼を出しても、即座の対応は期待しづらい。

迅速な対応が必要

削除依頼の処理には時間がかかることがあります。

そのため、迅速に店舗側の立場と主張を口コミに返信し、記録として残しておくことが大切です。

Googleの口コミで悪口ばかり書く人への法的対処法

先のセクションでは、Googleの口コミで悪口に対しての背景や削除依頼についてお伝えしてきました。

ですが、悪口の程度があまりにひどい場合もあります。

そんな場合の法的対処法などについて、見ていきましょう。

Googleで口コミを書けないようにはできない

Googleには、残念ながら口コミを書けないようにする機能は存在しません

しかし、それには理由があります。

Googleは情報の透明性を重視しており、ユーザーがリアルタイムで感じたリアルな声を共有できるプラットフォームを提供しているためです。

ビジネスプロフィールとは

Googleビジネスプロフィールに登録している限り、口コミを投稿される可能性が常にあります。

これは、ビジネスオーナーにとっては厳しい現実かもしれませんが、消費者にとっては購買判断の一助となる貴重な情報源です。

ユーザー投稿の現実

一方で、「Googleビジネスプロフィールに登録しなければ、Googleマップに店舗を表示させなくて済む」という考えもあると思います。

ですが、一般ユーザーが店舗情報を掲載することもできます。

そのため、口コミを書けないようにはできないのです。

管理の重要性

店舗情報が一般ユーザーによって自由に編集され、誤った情報が掲載されるリスクがあります。

そのため、正確な情報を提供し、ビジネスプロフィールの適切な管理が必要です。

営業妨害となる口コミの法的対処法

法的対処は、営業妨害となる口コミには非常に効果的なアプローチです。

しかし、これには法的知識と証拠が必要で、専門的なアドバイスが不可欠です。

証拠の確保

具体的なアクションを起こす前に、証拠をしっかりと確保することが大切です。

スクリーンショットの保存・投稿の日時・投稿者の情報など、詳細なデータが必要になります。

法律家との連携

法律家と連携して、具体的な証拠と法的知識を元にアクションプランを立て、実行に移すことが大切です。

成功する可能性が高いと感じている場合に、法的手段を検討するのが賢明です。

法的手続きのプロセス

  • 証拠の収集: 投稿内容、投稿者の情報、投稿日時などを含めた詳細なデータを収集。
  • 法律家との相談: 収集した証拠をもとに、法律家と相談して具体的なアクションプランを立てる。
  • 法的手続きの開始: 証拠と法的知識をもとに、法的手続きを開始する。

これらのプロセスを踏むことで、営業妨害となる口コミに効果的に対処することが可能です。

それでは、具体的にどのようなステップを踏むのか、続けて解説していきます。

グーグルの口コミで名誉毀損にできる条件

名誉毀損は、ビジネスオーナーとして非常に気になる問題です。

グーグルの口コミで名誉毀損に当たる条件は明確です。

 
それは、虚偽の情報であること個人を特定して攻撃する内容であることです。

もちろん、これらの条件が満たされると、口コミの削除申請が可能になります。

Googleの口コミで個人を特定できる?

インターネット上での口コミにも、個人を特定できる情報が含まれていれば、プライバシーの侵害となる可能性があります。

例えば、具体的なスタッフの名前を出して根拠のない悪口を書くなどが該当します。

開示請求をする

開示請求は、誹謗中傷するクチコミや書き込みを行った発信者の情報を、プロバイダに対して開示を求める制度です。

プロバイダ責任制限法第4条が根拠となっています。

開示請求のプロセスが下記です。

  1. 証拠の収集: クチコミの内容、投稿者の情報などを詳細に収集します。
  2. プロバイダに開示請求: 収集した情報を基に、プロバイダに開示請求を行います。
  3. 情報の取得: プロバイダから情報を取得したら、次のステップへ進みます。

ディスカバリー制度を利用する

ディスカバリー制度は、アメリカの法律に基づくもので、証拠開示を求める制度です。

この制度は、アメリカの民事訴訟において、当事者は投稿に関するすべての情報の開示が求められます。

ディスカバリー制度のプロセスが下記です。

  1. 情報の収集: 投稿内容、投稿者の情報などを詳細に収集します。
  2. カリフォルニア州の裁判所に請求: Googleの本社があるカリフォルニア州の裁判所に対して、開示請求を行います。
  3. 情報の取得: 裁判所から情報を取得したら、次のステップへ進みます。

Googleの口コミから開示請求するために

Googleの口コミで不適切と感じるものに対して開示請求を行うには、特定の手順と条件をクリアする必要があります。

開示請求は、口コミが明らかに虚偽であることと、それによってビジネスに損害を与えていることを証明できる場合に有効です。

条件の整理

1. 虚偽の情報: 口コミが事実に基づいていない、誤った情報であることを証明する必要があります。

2. ビジネスへの損害: その虚偽の情報によってビジネスに具体的な損害が発生していることを示す証拠が必要です。

具体的なステップ

1. 証拠の収集: 虚偽の情報とビジネスへの損害を示す証拠を集めます。売上の減少、顧客の減少、ブランドイメージの損傷など、具体的な数字やデータが求められます。

2. 弁護士との相談: 開示請求は法的なプロセスですので、専門の弁護士に相談して、適切な手続きを進めます。

3. 開示請求の提出: 収集した証拠と弁護士のアドバイスに基づいて、開示請求を正式に提出します。

注意点と対策

1. 証拠の明確さ: 口コミが虚偽であることと、それによる損害を明確に示す証拠が不可欠です。不足すると開示請求は認められません。

2. 法的知識: 開示請求のプロセスには法的な知識が必要です。専門家と連携し、適切な手続きを進めましょう。

補足:開示請求の重要性

開示請求を行うことで、虚偽の口コミを削除し、ビジネスの評判を守ることが可能になります。

特に、競合他社からの悪意ある口コミや、事実に基づかない誤情報を正すためには、このプロセスが非常に効果的です。

悪口ばかりのGoogleの口コミと上手に付き合う方法

Googleでの口コミで悪口ばかり書かれた際には、精神的にショックも大きいでしょう。

ただし、何もせずに黙っているわけにはいきませんよね。

 
そこで、どう対処していけばよいかについても、お伝えしていきます。
 

悪口を書かれた時の最良の対処法

悪口を書かれた時には、その感情や言葉に飲み込まれず、冷静な態度で対処することが大切です。

感情的な反応や無計画なアクションは避け、以下のステップで効果的に対処しましょう。

事実の確認と分析

1. 口コミの内容確認: まず、書かれた内容を詳細に確認します。客観的な事実に基づくものなのか、それとも感情的なものなのかを判断します。

2. 事実の検証: 口コミに書かれた事実を検証し、その正確性を確かめます。問題があればその原因を特定し、改善策を検討します。

建設的な対話の試み

3. 口コミへのレスポンス: 冷静かつ丁寧に口コミにレスポンスします。必要であれば改善することを伝えます。

4. 内部フィードバック: 複数人で口コミを社内などで共有し、必要な改善を進めます。顧客の声を大切にし、ビジネスの質を向上させます。

Googleの悪い口コミへの反論はなるべく避ける

悪い口コミへの反論は、時にビジネスの評判をさらに損なうリスクがあるため、慎重になる必要があります。

以下のポイントで対処しましょう。

1. 冷静なレスポンス: 感情を抑え、冷静に対応します。客観的な事実と改善策を元に、丁寧な言葉でレスポンスすることが大切です。

2. オフラインでの対話: 可能であれば、オフラインで直接対話を試み、問題解決に努めます。これにより、エスカレートを防ぎ、信頼を築くことができます。

悪口を書かれた際の最良の対処法は、冷静に事実確認と改善に努める姿勢です。

感情的なエスカレートを防ぎ、顧客との信頼を築くアクションを優先しましょう。

それが、長期的なビジネスの成功につながります。

悪口ばかり書く人のプロファイリング

悪口ばかり書く人の心理に迫ると、多様な要因が絡み合っていることが分かります。

これらの人々は、自己表現の場としてインターネットを利用し、時には他者を傷つける言葉を投げかけます。

自己顕示欲とアイデンティティ

1. 自己顕示欲の強さ: 自我を主張し、注目を浴びたいという欲求が強い。インターネット上での匿名性が、自己顕示欲を増幅させる。

2. アイデンティティの探求: 自分自身を他者と比較し、自己の価値や存在を確認しようとする。悪口を通じて自我をアピールする。

悪口の背景

3. 満足感の追求: 他人と異なる意見を持ち、それを公にすることで満足感を得る。個性や知識をアピールする手段として悪口を使う。

4. ストレスの発散: 現実世界でのストレスをインターネット上で発散する。匿名性が、言葉にフィルターをかけずに感情を吐露する場を提供する。

悪い口コミのショックから立ち直るために

悪い口コミの影響を最小限に抑え、前向きなアクションへと転換する方法です。

ポジティブなフィードバックを糧に、ビジネスの進化を目指しましょう。

ポジティブなフィードバックの重視

1. フィードバックの受け入れ: ネガティブな意見も一つのフィードバックとして受け入れ、改善に生かす。

2. ポジティブな意見の価値: 良い口コミやフィードバックを大切にし、それをモチベーションに変える。

バランスの取り方

3. バランスの良い視点: 良い意見と悪い意見のバランスを取り、一方だけに囚われない柔軟な思考を持つ。

4. コミュニティのサポート: 顧客やコミュニティからのサポートを積極的に求め、ビジネスの向上を図る。

悪口ばかりの口コミには、個人の心理や背景が大きく影響しています。

それを理解し、ポジティブなフィードバックを大切にすることで、ビジネスはさらに成長するでしょう。

負のフィードバックも改善の手がかりとして捉え、ビジネスの質を高めていくマインドセットが必要です。

Googleの口コミで悪口ばかりの状況に関する総まとめ

◎ 記事のポイントまとめ

  1. Googleの口コミに書かれた悪口が精神的・経済的ストレスを与える
  2. 口コミの匿名性が悪質なコメントの投稿を助長している
  3. 競合他社が悪意を持って、悪い口コミを投稿するケースがある
  4. 口コミの管理と対応には冷静な態度が求められる
  5. 悪口を書く人々の背後には多様な心理的要因が存在する
  6. Googleの口コミの開示請求には具体的な損害とその証拠が必要
  7. 悪い口コミに対する反論は慎重に行い、エスカレートを防ぐ
  8. 匿名性による言動の自由度増加と責任の希薄化が悪口の口コミを助長
  9. 事実に基づいた情報提供とコミュニケーションが他の顧客の信頼を勝ち取る
  10. 悪い口コミのショックから立ち直るためには、フィードバックの受け入れとポジティブな意見の価値化が大切
  11. 良い意見と悪い意見のバランスを保ち、柔軟な思考を持つ必要がある
  12. ビジネスの評判を守るために、口コミの管理と適切な対応が不可欠

 
口コミで悪口ばかりだと、精神的に参ってしまいます。

また、根拠のない内容であれば、怒りも湧いてくるはずです。

上記でお伝えしたような削除依頼や法的対処も視野に入れて、行動を起こしていきましょう!