太ってる人はなぜ痩せようとしないのかを表す画像

◎ 本記事のポイント

  1. 太ってる人はなぜ痩せようとしないのかの理由が分かる。
  2. 太っている人にはどんな性格・傾向があるのかが分かる。
  3. 太っている人の共通点が分かる。
  4. 太っている人と痩せている人の主な違いが分かる。
  5. 太ってる人に太ってると言うと痩せるのかの実験結果の内容が分かる。

太ってる人なぜ痩せようとしないんだろう…

 
こんな疑問を持ってはいませんか?

太っていない人からしてみれば、見た目がよくない・不健康そうなどと見えるかもしれません。

 
痩せればこれらの問題は解決するのではと考えますよね。

ですが、当の本人たちにも色々と事情があるのです。

 
そこで、太ってる人がなぜ痩せようとしないかの7つの理由をピックアップしました。

それでは早速見ていきましょう。

太ってる人はなぜ痩せようとしない?7つの理由をチェック!

太ってる人はなぜ痩せようとしないのかを検索する女性の画像

太ってる人はなぜ痩せようとしないのでしょうか?

主な理由が下記の7つ。

  1. メンタルが弱い(自分に甘い)
  2. ストレス発散の手段が食事
  3. 太っていることへの問題意識がない
  4. お菓子や間食が好き
  5. 運動が嫌い
  6. ダイエットで苦しんだ記憶がある
  7. 痩せるメリットを特に感じていない

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

① メンタルが弱い(自分に甘い)

太ってる人はなぜ痩せようとしないのかの理由の一つ目が、メンタルの問題です。

自己管理が苦手な人々は、楽な方や誘惑に流されやすい傾向にあります。

結果として、肥満へとつながります。

 
なぜメンタルが弱いと太りやすいのでしょうか?

具体的な理由が下記です。
 

  • 楽な方に流される傾向: 目標設定や計画が苦手であり、楽な方に流される傾向にあります。
  • 食欲を抑えられない: ストレスや疲れなどが食欲に依存しやすく、食べ過ぎにつながることが多い。
  • 快楽や満足感への依存: 食べることで得られる一時的な快感や満足感に強く依存。ファーストフードやお菓子など不健康な食べ物を求めやすい傾向がある。

② ストレス発散の手段が食事

太ってる人がなぜ痩せようとしないのかの二つ目の理由が、ストレス発散方法の問題です。

太っている人がストレスを発散方法として、食事を選ぶ人は多いです。

 
なぜ食事がストレス解消に繋がるのでしょうか?

その背景には生理的なメカニズムが関与しています。
 

  • ストレスと食欲: ストレスを感じると、体はコルチゾールというホルモンを分泌します。コルチゾールは一時的に食欲を増加させ、高カロリーな食品を欲するように作用します。
  • 心理的な安心感: 甘い物(チョコレートやアイスクリームなど)を食べることで、一時的な安心感や幸福感を感じやすい。そのため、ストレスと感じる度に甘い物に手が伸びる習慣が身につきます。

③ 太っていることへの問題意識がない

太ってる人はなぜ痩せようとしないのか三つ目の理由としては、問題意識の感覚です。

たとえ太っていても、自分の体型や体重に対して特に問題意識を持っていない人もいます。

どうしてなのでしょうか?

 
それは、感覚の個人差による影響が大きいです。

具体的な内容が下記です。
 

  • 周囲と自己認識のギャップ: 一般的に理想的とされる体型がありますが、個人が自己の体型をどう捉えているかは個人差が大きいです。
  • 健康リスクの認識不足: 肥満は糖尿病・高血圧など生活習慣病を主とする健康問題のリスクを高めます。しかし、生活習慣病はすぐに症状を感じる疾患ではないため、健康問題に直結していると認識していない人が多いです。

④ お菓子や間食が好き

太ってる人がなぜ痩せようとしないのかの四つ目の理由が、お菓子好き&間食の多さです。

お菓子をよく食べたり、間食を多くしたりするケースが多いです。

具体的な内容が下記です。
 

  • お菓子をよく食べる: 甘いものやスナックの多くは、糖分やカロリーが多いです。一時的な幸福感や満足感はあるものの、中毒性があることが研究で示されています。お菓子をよく食べる習慣によって、体重増加の原因となります。
  • 間食が多い: 間食が多いと必然的に摂取カロリーが増えます。消費カロリーよりも摂取カロリーが多いと、体重増加の要因となります。

 
太っている人は間食が多く、なおかつ糖分が多い・高カロリーなお菓子が好きな人が多い傾向にあります。

⑤ 運動が嫌い

太ってる人はなぜ痩せようとしないのか五つ目の理由としては、運動習慣の問題です。

運動が苦手または嫌いな人は、運動不足に陥りがちです。

運動を避ける理由について考察しましょう。
 

  • 運動経験が少ない: 運動経験が少なく、どのように運動をすれば良いかわからない場合が多いです。
  • 運動が嫌い: 運動をすることが嫌いだったり、面倒だったりと運動をしようとする気が起きないのも要因です。
  • 体を動かすのが大変: 太ってくると体を動かすのが大変(億劫)になります。結果として、太ってくるほどより運動を避けるようになる場合が多いです

⑥ ダイエットで苦しんだ記憶がある

太ってる人がなぜ痩せようとしないのかの六つ目の理由が、過去のダイエットの経験です。

ダイエットが苦痛だった経験で、ダイエットをすることに抵抗を感じる場合があります。

例えば、下記のような経験が考えられます。
 

  • 食事制限がきつい: 厳しい食事制限によって、精神的な負担が大きくなった経験が多いです。
  • 運動がきつい: ダイエットには運動が付きものとも言えます。運動をすることが苦痛である人は、運動がきついと感じる場合が多いです。
  • 結果が出ない: ダイエットを試みたものの、思うように結果が伴わない経験がある場合には、ダイエットに抵抗を感じる場合が多いです。

⑦ 痩せるメリットを特に感じていない

太ってる人はなぜ痩せようとしないのか七つ目の理由としては、痩せるメリットを感じていないことです。

痩せるメリットを感じていなければ、特に痩せるための行動を起こすことはないでしょう。

また、現状への不満を感じていない状態とも言えます。

 
痩せるメリット・痩せないデメリットを自分自身で認識しなければ、ダイエットに関心を持たない場合が大半です。

痩せるメリット・痩せないデメリットの具体的な内容が下記です。
 

  • 痩せるメリット: 痩せることでオシャレな服を着ることができたり、見た目が良くなって自信が向上します。よりアクティブで充実した生活を送ることが可能になります。また、生活習慣病などの病気のリスクが減ります。
  • 痩せないデメリット: 着ることのできる服が限られます。また、周囲から自己管理が苦手な人という印象を持たれがちになります。また、糖尿病や高血圧など病気のリスクが高くなります。

太っている人に多い3つの共通点とは?

太ってる人の共通点を探している女性の画像

太っている人に多い共通点はどういった要素があるでしょうか?

主な共通点が下記の3つ。

  1. 面倒くさがり
  2. 自分に甘い
  3. やることを後回しにしがち

それぞれの共通点について見ていきましょう。

① 面倒くさがり

太っている人の多くは、面倒くさがりな場合が多いです。

例えば、外に出たくない、家の中でも極力動きたくないなどがあります。

日々の小さな動作まで影響する場合も多いです。

 
結果として、消費カロリーが少なくなるため、肥満につながります。

面倒くさがりが体重増加にどう影響するかを考察してみました。

 
活動性が低いことはエネルギー消費が少ないことを意味します。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ることによって、体脂肪が蓄積されるようになります。

 
また、面倒くさがりだと、ファーストフード・即席品などの食事が多くなります。

炭水化物や脂質中心の食事になり、肥満の要因となってしまいます。

② 自分に甘い

太っているは、自分に甘い傾向があります。

自己管理がゆるいと、特に食生活面での傾向が顕著です。

 
甘いものや高カロリー食など自分が食べたいものを食べることが多いです。

しかも、量の制限を設けずに好きな量を食べてしまいがち。

結果として、体重の増加につながります。

 
また、「今日だけは好きな物を食べる」「明日から頑張る」「まだ大丈夫」といった言葉も多いです。

自分に甘く、食欲を抑えきれない傾向が多くあります。

③ やることを後回しにしがち

太っている人々は、やることを後回しにしがちな傾向も強いです。

目先の快楽や欲求に負けて、やるべきことを後回しにしがちです。

 
先程ご紹介した自分に甘いという共通点とも相関があります。

自分のやりたいこと優先・楽な方優先といったスタイルになりがちです。

 
それは日常生活にも大きく影響が出ます。

例えば、日常生活で動作や運動習慣などです。

今でなくていいや・後にしようという考えが働き、結果として体重増加を引き起こします。

太ってる人はなぜ痩せようとしないのかが気になる人に多い疑問点

太ってる人が自分に甘いと言われている画像

太ってる人はなぜ痩せようとしないのかの理由や共通点について、お伝えしてきました。

では、太ってる人はどんな考えを持っていることが多いのでしょうか?

最後に気になりがちな疑問点について、見ていきましょう。

太っている人と痩せている人の違いとは?

太っている人は痩せている人と何が違うのでしょうか?

最も大きな違いが活動量です。

 
痩せている人はちょこまか動いているのに対し、太っている人は動くことを避けがちです。

日々の小さな積み重ねがカロリー消費に大きく影響してきます。
 

  • 痩せている人: 痩せている人は小さな動きを多く取り入れている傾向にあります。こまめに歩く・階段を使う・座り仕事でも頻繁に立ち上がるなどを多くお行っています。知らず知らずのうちに、多くのカロリーを消費しています。
  • 太っている人: なるべく動くことを避ける傾向にあります。近い場所でも車や電車を使う、休日はほとんど家から出ないなどです。痩せている人と比較して活動量が少ないため、結果としてカロリー消費が少なくなります。

太ってる人に対して太ってると言うと痩せる?

太ってる人に対して、「太っている」と言えば痩せるのでしょうか?

実は英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンによる研究結果があります。

 
他人から「太っている」と指摘されても、逆効果になることが研究で示されています。

つまり、太っていると言われた人々は、むしろ体重が増加する傾向にあるのです。

理由としては、以下のような複数の心理的メカニズムが関与しています。
 

  • ストレスによる過食: 負の感情は食欲を増進させるホルモンであるコルチゾールの分泌を促すため、食べることで感情をコントロールしようとします。
  • 自尊心の低下: 自己の外見に対するネガティブな評価が自尊心を低下させ、自己管理の能力を弱める可能性があります。

 
以上のような理由から、太っている人に対して太っていると言うのは避けるようにしましょう。

なぜ痩せようとするのか?

痩せようと思うのには、何らかしらの動機が必要です。

その動機は人によって様々ですが、主な動機には以下のようなものがあります。
 

  • 健康上の不安: 多くの人が健康を改善するために体重を減らそうとします。糖尿病・高血圧・脂質異常症など、肥満が原因で起こりうる病気は多く存在します。
  • 外見の向上による自信の増加: 体型がスリムになることで、よりオシャレな服を着ることができ、自信を持てるようになると考えています。
  • 周囲からの目線: 太っていると周囲からの視線が集まりがちです。そのような状況から逃れたいと思い、痩せようとする気が起きる場合もあります。

 
本人が痩せようとするためには、自分自身で強い思いを持つ必要があります。

何が痩せようとする動機になるかは本人次第なので、暖かく見守ってあげましょう。

太ってる人はなぜ痩せようとしないのかに関する総まとめ

太ってる人はなぜ痩せようとしないのかに関して、振り返っておきましょう。

◎ 記事のポイントまとめ

  1. 自己管理が苦手であり、甘い選択をすることが多い
  2. ストレスが食欲に直結しやすく、感情的な食べ過ぎにつながる
  3. 食べることによる一時的な快感に強く依存する傾向がある
  4. 太っている人はストレス解消の手段として食べることを選ぶ人が多い
  5. 社会的認識と自己認識のギャップにより、自身の肥満を正しく認識できていない場合もある
  6. 健康リスクの認識が不足している可能性がある
  7. 過去のダイエット経験がトラウマとなっている場合がある
  8. 痩せることによる具体的なメリットを感じていない人もいる
  9. 日常生活での活動量が少なく、運動を避けがちである
  10. 小さな運動でも体力の消耗を感じやすく、運動することに抵抗がある
  11. 食生活の見直しや健康的な選択がなかなかできない
  12. 太っている人と痩せている人の主な違いは活動量

 
太ってる人はなぜ痩せようとしないのかの理由について、お分かりいただけたでしょうか?

一つではなく、複数の要因が重なっている場合が多いです。

 
太っている人は痩せている人と比べて、選択の基準が異なりがちです。

楽な方に流されたり、なるべく動かない方向に進むことが多くあります。

考え方には個人差があることを理解し、暖かい対応を心掛けましょう。