洗車のやり方(ガソリンスタンド)を表す車の画像

◎ 本記事のポイント

  1. ガソリンスタンドでのセルフ洗車のやり方が分かる。
  2. ドライブスルー洗車の流れが分かる。
  3. 洗車後の拭き上げの重要性が分かる。
  4. セルフ洗車はどの時期や時間帯を避けるべきかが分かる。
  5. ガソリンスタンドでのセルフ洗車はどんな人に向いているかが分かる。

ガソリンスタンドでドライブスルー洗車をしたい

でも、洗車のやり方はどうすればいいんだろう…

こんなふうに悩んではいませんか?

 
ガソリンスタンドでのセルフ洗車は、初めての人でも簡単に短時間で行うことができます。

ガソリンスタンドでの洗車やり方は、どんな流れなのでしょうか?

 
この記事では、ガソリンスタンドでのセルフ洗車の手順や流れをご紹介していきます。

それでは見ていきましょう。

洗車のやり方【ガソリンスタンド】

ガソリンスタンドで洗車のやり方を知りたい女性の画像

ガソリンスタンドでのドライブスルー洗車は、非常に手軽で便利です。

ガソリンスタンドでの洗車のやり方は、実際どうなのでしょうか?

 
そこで、セルフ洗車の基本的なやり方を紹介します。

各段階で見ていきましょう。

やり方①:洗車メニューを選択する

まずは、洗車メニューを選ぶことからスタートします。

洗車メニューには下記のようなものがあります。
 

  • 水洗い洗車: 最も基本的な洗車で、土やほこりを水で洗い流します。
  • シャンプー洗車: 水洗いに加えて、洗車用シャンプーを使用して洗います。汚れをより効果的に落とせます。
  • ワックス洗車: シャンプー洗車後にワックスコーティングを施します。輝きを出すとともに、汚れが付きにくい表面を作り出します。

 
また、下部洗浄のようなオプションもあります。

車の下部を特に洗浄し、泥や塩分による腐食を防ぎます。

下部洗浄に関しては、後ほど詳しくご説明していますね。

 
洗車メニューを選んだ後、表示された料金を精算機に支払います。

ほとんどのガソリンスタンドでは、現金はもちろん、クレジットカードや電子マネーにも対応しています。

 
支払いが完了したら、スタートボタンを押して洗車を開始しましょう。

やり方②:指示に従いエンジンを切って待機

洗車メニューの選択と支払いが済んだら、所定の場所まで車を動かします。

アナウンスに従ってエンジンを切り、洗車が完了するまで車内で静かに待機しましょう。
 

  • エンジンを切ることで、不用意に車が発進することを防ぎます。
  • 窓やドアはしっかりと閉め、水が車内に入るのを防ぎます。
  • 洗車中は車外に出ないようにしましょう。洗車機が動いた状態で外に出るのは危険です。

 
上記のように、セルフ洗車機を利用する流れは非常にシンプルです。

自分の車に合ったメニューを選択し、洗車の際は安全第一で行いましょう。

やり方③:洗車が終了したら車を発進

洗車が完了した後は、エンジンをかけて車を発進させましょう。

以下は、洗車後の車の発進方法についてのポイントです。
 

  • 表示板の指示を確認: 洗車が終わったことを示すサインをしっかり確認しましょう。
  • 周囲の安全を確認: 車を動かす前に、周囲に人や他の車がいないかを確認しましょう。
  • ゆっくりと車を発進させる: 発進時の急な加速は避け、ゆっくりと車を動かし始めましょう。
  • 洗車場の規則に従う: 洗車場によっては、特定の出口を使うよう指示されている場合があります。指示に従って、安全に洗車場を離れましょう。

 
また、洗車前に畳んでいたサイドミラーを忘れずに戻しておきましょう。

サイドミラーを折り畳んだままだと、側方の後面が見えない状態になってしまいます。

やり方④:タオルを使用して拭き上げる

最後に、洗車後の拭き上げを行いましょう。

効果的な拭き上げ方法が下記です。
 

  • 適切なタオルの選択: 拭き上げ時は、柔らかく吸水性の高いマイクロファイバータオルの使用が特にオススメです。水滴を素早く吸収し、車体に細かい傷をつけるリスクを最小限に抑えます。なければ、ガソリンスタンドで用意してあるタオルでも大丈夫です。
  • 水滴の拭き取り方: 拭き上げは上から下への方向で行います。すでに拭いた部分に水が戻るのを防ぎます。
  • 拭き残しのチェック: 特にドアハンドルやサイドミラーの周りなど、水が溜まりやすい箇所は念入りにチェックしてください。
  • タオルの頻繁な交換: タオルが濡れてきたら、乾いた面や新しいタオルに交換しながら作業を続けてください。

 
拭き上げまでを丁寧に行うことで、車をより綺麗な状態にすることができます。

セルフ洗車をガソリンスタンドで行うやり方はどこも基本的に同じ

ガソリンスタンドでのセルフ洗車機は、どこも基本的に同じやり方で利用できます。

セルフ洗車は短時間で車を綺麗にできるが大きな魅力です。

ドライブスルーのセルフ洗車のポイントをまとめてみました。
 

  • 破損防止と安全対策: 洗車機を使用する際には、アンテナなどのパーツは事前に格納をしておくことが重要です。最近の洗車機は非常に高性能ですが、念のために車体へのダメージを防ぐ対策をしておきましょう。
  • アナウンスに従う: アナウンスに従って、スムーズな流れで洗車を行いましょう。
  • 安全第一: 洗車機の使用中は安全のためにエンジンを切って、車内で待機しましょう。洗車機の作動中に車外に出るのは大変危険です。

 
ガソリンスタンドでのセルフ洗車は、忙しい方にとって手軽で効果的な方法です。

基本的な流れを覚えてしまえば、簡単に洗車を行うことができますよ!

ガソリンスタンドでの洗車のやり方で注意すべきポイント

セルフ洗車をガソリンスタンドで行っている画像

先程のセクションでは、ガソリンスタンドでのセルフ洗車のやり方をお伝えしてきました。

洗車のやり方では、どんな点を意識すればよいのでしょうか?

把握しておくべきポイントや注意すべきポイントについて、お伝えしていきます。

ガソリンスタンドのドライブスルー洗車の時間はどのくらい?

ガソリンスタンドのドライブスルー洗車は、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

基本の洗車コースを選んだ場合だと、おおよそ4~5分程度

洗車時間の内訳が下記です。
 

  • 最初の1分は、車体全体に水を噴射し、大まかな汚れを落とします。
  • 次の2分で洗車用の洗剤が噴射され、ブラシによる洗浄が行われます。
  • 最後の1~2分で乾燥を行います。

 
下部洗浄やワックスコーティングなどのオプションを付けると、もう少し時間がかかります。

ガソリンスタンド洗車の際にはサイドミラーを畳むこと

ドライブスルー洗車の際に大事なのが、サイドミラーの扱いです。

洗車の際には、しっかりとサイドミラーを畳みましょう。

サイドミラーを畳む理由が下記です。
 

  • 車体の損傷防止: 洗車機による車体への損傷を防ぎます。
  • 洗浄効率の向上: ミラーを畳むことで、効率洗浄が上がります。

 
ほとんどの車では、電動または手動でサイドミラーを畳むことができます。

洗車を始める前には、必ずミラーを畳むようにしましょう。

 
また、洗車が終わったら、ミラーを元の位置に戻すことを忘れずに。

忘れてしまうと、運転中の視界が確保できず、安全に大きく影響します。

ドライブスルーの洗車で拭き上げしないとどうなる?

ドライブスルー洗車の便利さは魅力的ですが、自身での拭き上げ作業も必須です。

セルフ洗車で拭き上げをしないとどうなるのでしょうか?

 
車体に残る水滴が見た目に影響しますが、それだけではありません。

水滴が乾燥すると、その中に含まれるミネラル分が車体に残り、水垢となってしまいます。

この水垢は見た目が悪いだけでなく、塗装面にダメージを与える原因にもなります。

 
また、水滴が残ったままの状態では、ちりやほこりなどが水滴に引き寄せられ、車体が再び汚れやすくなります。

そのため、忘れずに拭き上げを行うようにしましょう。

 
拭き上げは可能であれば、マイクロファイバータオルの利用がオススメです。

マイクロファイバータオルは吸水性に優れており、車体に優しいので、キズをつける心配が少ないためです。

 
拭き取りは一方向に行い、水滴を車体の一箇所に集めないようにしましょう。

ガソリンスタンドのセルフ洗車が混む時間帯は?

ガソリンスタンドでのセルフ洗車は、非常に便利で人気です。

そのため、特定の時間帯には混雑し、並んで順番待ちが必要になります。

特に混雑しやすいのが平日の17時から19時

 
多くのドライバーが仕事終わりの夕方に洗車を行うため、平日の17時から19時は特に混雑しやすいです。

また、土日の午前中も、用事の前に洗車を済ませようとする人々で混みやすいです。

 
では、どの時間帯に行うのがよいのでしょうか?

オススメなのが下記のタイミングです。
 

  • 早朝・遅い時間: 早朝や夜遅い時間帯は、比較的空いていることが多いため、スムーズに洗車ができる可能性が高いです。
  • 平日の昼間: 平日の昼間は混雑しにくいため、スムーズに洗車がしやすいです。

 
可能であれば、平日の17時から19時は外して、効率的にセルフ洗車を行いましょう。

下部洗浄を行うメリットとは?

ガソリンスタンドのセルフ洗車では、車の下部洗浄のオプションを選択することが可能です。

下部洗浄にはどんなメリットがあるのでしょうか?

主なメリットが下記です。
 

  • サビ防止: 車の下部は泥や汚れなどが付着しやすい場所です。時間とともに車の金属部分を腐食させ、サビの主な原因となります。下部洗浄によって、サビの発生を防ぐことができます。
  • 車両の寿命延長: サビは車両の構造的な強度を低下させ、最終的には車の損傷を引き起こす可能性があります。下部洗浄は車の寿命を延ばすのに役立ちます。
  • 冬季の保護: 冬に道路に撒かれる塩は、車の下部にとって大きなサビのリスクとなります。下部洗浄によって、定期的に洗浄することが大切です。

 
特に雪が積もる地域では、月に1回以上の頻度で下部洗浄を行うことがオススメです。

下部洗浄を定期的に行うことが、車を長持ちさせる秘訣とも言えます。

ガソリンスタンドでセルフ洗車を行うメリット・デメリット

ガソリンスタンドでセルフ洗車を行う男性の画像

ガソリンスタンドでのセルフ洗車は、多くのドライバーにとって手軽な洗車方法の一つです。

ただし、ガソリンスタンドのセルフ洗車には、メリット・デメリットの両面が存在します。

 
どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

最後にチェックしておきましょう。

ドライブスルーでセルフ洗車を行うメリットとは?

ドライブスルーのセルフ洗車には、どんなメリットがあるでしょうか?

主なメリットが下記です。
 

  • 短時間で洗車ができる: 洗車が数分で完了するので、忙しい人でも手軽に行うことが可能です。
  • 利便性: 自分で洗車用品を準備する必要がなく、ドライブスルー洗車機が全ての作業を行ってくれます。
  • 安全性: 最新の洗車機は車体に優しい設計が施されており、車へのダメージが少ないです。気になる部分を重点的に洗うオプションもあり、簡単に車を綺麗にすることができます。

 
手洗い洗車と比べて、ドライブスルー洗車は時間と労力を大幅にカットします。

数百円で簡単に洗車ができるのは、とても魅力的だと言えるでしょう。

ドライブスルーでセルフ洗車を行うデメリットとは?

当然ながらガソリンスタンドでのセルフ洗車はメリットだけではありません。

デメリットもあります。

ドライブスルー洗車の主なデメリットが下記です。
 

  • 細かい部分の汚れが残りやすい: ドライブスルー洗車機は車の細かい箇所や隅々まで届かないことがあります。手洗いでは容易に取り除ける汚れが、洗車後も残ってしまう可能性があります。
  • 傷のリスクがある: 車の状態や洗車機のブラシの状態によっては、車体に傷をつける可能性があります。車にお金をかけて大事にしている方は、慎重に選択する必要があります。
  • コストの問題: 定期的にドライブスルー洗車を利用すると、利用料金が積み重なります。自分での手洗い洗車と比べると、経済的な負担が大きくなる可能性があります。

 
上記の点を考慮しながら、ドライブスルー洗車をするかしないかを判断しましょう。

メリット・デメリットの両方を意識することが大切です。

ガソリンスタンドでのセルフ洗車が向いている人とは?

ガソリンスタンドでのセルフ洗車は、どんな人に向いているのでしょうか?

セルフ洗車がオススメなのが、下記のような人です。
 

  • 多忙な方: 車を短時間で綺麗にしたい方にとって、数分で洗車が完了するドライブスルー洗車は理想的な選択です。
  • 車を綺麗に保ちたい人: 車を長持ちさせるためには、定期的な洗車が不可欠です。定期的にセルフ洗車を利用することで、車体を綺麗に保つことができます。
  • 洗車に手間をかけたくない方: 手洗いの洗車やお店に依頼をすると、手間や時間がかかります。セルフ洗車であれば、短時間で洗車を行うことができます

 
ドライブスルーでのセルフ洗車は、非常に便利で効率的な選択肢です。

車にこだわりの強い方にはあまり向きませんが、効率性を求める方にとってドライブスルー洗車は非常にオススメです!

ガソリンスタンドでの洗車のやり方に関する総まとめ

ガソリンスタンドでの洗車のやり方に関して、振り返っておきましょう。

◎ 記事のポイントまとめ

  1. ガソリンスタンドでのセルフ洗車は非常に手軽
  2. 基本的な流れと注意点を理解することが重要
  3. セルフ洗車のやり方はどこのガソリンスタンドでも基本的に同じ
  4. 洗車メニューを選択しお金を支払うことでスタートする
  5. サイドミラーはしっかりと畳むことが大事
  6. 洗車中は車内に留まり、指示に従うことが安全に繋がる
  7. 洗車後はゆっくり車を発進させ、周囲の安全を確認
  8. 洗車後の拭き上げで水垢を防ぐことができる
  9. ガソリンスタンドのセルフ洗車は平日の17~19時は混雑しやすい
  10. ドライブスルー洗車では細かい部分の汚れが残りやすい点に注意
  11. 定期的な手洗い洗車との組み合わせが車を清潔に保つ鍵
  12. 費用対コスト考慮し、自分のニーズに合った洗車方法を選択することが大切

 
車を綺麗に保つことは、ただ単に見た目を良くするだけではありません。

長期的にな車の寿命を延ばすことに役立ちます。

 
ガソリンスタンドでのセルフ洗車は、非常に手軽で利便性が高いです。

ドライブスルー洗車のやり方をマスターし、車を綺麗にしていきましょう!