車でブロック塀を擦って修理代がかかる車

◎ 本記事のポイント

  1. 車の修理費用の相場が分かる。
  2. 修理代を抑えるコツが分かる。
  3. 保険を適用する場合のポイントや条件が分かる。
  4. 警察との関係性が分かる。
  5. ブロックに当て逃げをした場合の法的リスクが分かる。

運転中にうっかりと近所のブロック塀を擦ってしまった。

その一瞬の出来事で、大切な車が傷ついてしまうなんて…

 
そこで思い浮かぶのが車の修理代

ブロック塀擦った際の修理代はどれくらいかかるのでしょうか?

 
この記事では、一般的な費用や保険の適用について分かりやすく解説します。

傷の大きさや深さ、塗装の種類など、様々な要因によって修理代は変わるもの。

そんな不安を少しでも軽減する手助けができたらと思います!

記事の目次

車をブロック塀に擦った時の修理代

車をブロック塀に擦ってしまった場合の修理代は、擦った範囲や深さによって大きく変わるものです。

具体的にどのくらいの修理代がかかるのかについて、見ていきましょう。
 

ブロック塀に車を擦った際の一般的な修理代

ブロック塀に車を擦った際、様々な要因が修理代に影響を与えます。

軽度な傷であれば、磨きと塗装で解決することが多く、修理代はおおよそ10,000円から30,000円程度です。

しかし、これはあくまで一例です。

修理代の内訳

  • 塗装費用: 5,000円~20,000円。傷の大きさや深さ、車種などによって変動します。
  • 作業費: 3,000円~10,000円。お店によって異なります。

深い傷の場合、部品の交換が必要となることもあります。

例えば、バンパーの交換が必要になった場合は高額です。

部品代と作業費を合わせて100,000円以上のコストがかかることも考えられます。

自分での修理

DIYでの修理も一つの選択肢です。

市販されている修理キットを使えば、初心者でも比較的簡単に車の傷を修復できます。

価格も5,000円程度とプロに依頼するよりも格安です。

 
ただし、一定の技術力が要求されることは頭に入れておきましょう。

修理代を抑えるコツとは?

車の修理代を抑えるためのポイントは、まず擦り傷の状態を自分で確認することです。

傷の深さ・長さ・位置などをチェックし、修理の必要性と範囲を判断します。

複数のお店で見積もりを取る

お店によって価格は異なります。

そのため、複数のお店で見積もりを取ると、価格を比較して最もコストパフォーマンスの良いお店を選ぶことができます。

修理のタイミング

修理のタイミングも大切です。

例えば、お店が混んでいない平日に修理を依頼すると、料金が安くなる可能性があります。

DIY修理

先程の繰り返しになりますが、市販の修理キットを使用して、自分で傷を修復する方法もあります。

YouTubeなどで修理方法を学び、自分で傷を直すことで、修理代を大幅に抑えることが可能です。

 
具体的には、修理キットの価格が3,000円程度、塗料が2,000円程度で、合計5,000円程度で傷を修復することが可能です。

ただし、修理の品質はプロには及びませんので、その点を考慮して判断する必要があります。

修理代の相場はおおよそいくら?

修理代の相場は複数の要因に依存します。

車の傷の位置、深さ、傷がついたパーツなどによって、費用は大きく変動します。

ここでは、一般的なパーツごとの修理代の相場を具体的に紹介します。

バンパー

バンパーの修理にかかる費用は約1万円から5万円程度。

1万円程度で済む場合もある一方で、大きな擦り傷などは塗装や部品交換が必要になるため、5万円近くかかることもあります。

  • 小さな傷: おおよそ1万円程度
  • 大きな擦り傷: おおよそ5万円程度

ドア・フェンダー

フェンダーとは前後のタイヤを覆っている外板部分のことです。

ドアやフェンダーの修理費用の相場は4万円から7万円程度。

 
これらのパーツは車の側面に位置しており、ブロック塀に擦って傷がつくことも多いです。

フェンダーの修理は特に高額になりがちです。

  • ドアの小傷: おおよそ4万円程度
  • フェンダーの大傷: おおよそ7万円程度

修理代を抑えるコツ|自分で直せる擦り傷も

軽微な擦り傷に対しては、自身で修復を試みることも一つの有効な方法です。

市販の擦り傷修復キットを利用すれば、約5,000円で自分自身で修理を行うことが可能です。

それでは、具体的なステップと注意点を見ていきましょう。

ステップ1: 傷の状態を確認

傷の深さや範囲を正確に把握します。

自分で修復可能な範囲の傷か、プロに依頼する必要があるのかを判断できます。

ステップ2: 修復キットを選ぶ

傷の状態に適した修復キットを選びます。

価格は1,000円から5,000円程度で、傷の大きさや深さに応じて選ぶ必要があります。

ステップ3: 修復作業

修復キットの取扱説明書に従って、慎重に修復作業を進めます。

作業中は安全を最優先にし、必要に応じて保護具を着用します。

注意点

修復作業には一定の技術が必要です。

不安な場合はお店に依頼する判断をすると良いでしょう。

また、修復作業後は傷の部分が目立たなくなるまで、数日間は様子を見ることをおすすめします。

自力で困難な擦り傷修理はオートバックスなどでも依頼可能

車をブロック塀に擦ってしまった場合、オートバックスのようなカーケアショップでの修理もオススメです。

オートバックスでは、プロフェッショナルなスタッフが擦り傷の修理を手がけており、品質にも信頼が置けます。

修理の流れ

  1. 傷の確認: スタッフが車の傷を確認し、修理の方法と費用を見積もります。
  2. 修理の開始: クリーニングと塗装作業を行い、傷を綺麗に修復します。
  3. 最終チェック: 修理後の車をチェックし、品質を確認します。

修理費用

  • 軽微な傷: 約15,000円から25,000円
  • 深い傷: 約30,000円から40,000円

これらのプロセスを経て、擦り傷の修理が完了します。

オートバックスでは、修理に使用する塗料も高品質なものを使用しており、耐久性にも優れています。

車をブロック塀に擦った場合|保険適用やエチケット

ブロック塀に車を擦った場合の修理代は、保険を利用するかどうかにも影響されます。

保険を利用する場合、自己負担額と保険の適用範囲に注意が必要です。
 

車を擦った後の保険対応

車をブロック塀に擦った際、保険を利用して修理を行う選択肢も考えられます。

しかし、保険の適用にはメリットとデメリットが存在します。

メリット

  • 費用を抑えられる: 保険を利用すると、自己負担額だけで修理が可能です。
  • プロの対応: 保険会社が修理業者を手配してくれるため、安心して修理を任せられます。

デメリット

  • 保険料の上昇: 保険を利用すると、次回の保険料が上昇する可能性があります。
  • 免責金額の負担: 修理には免責金額がかかることもあります。

保険を利用するかどうかは、擦り傷の程度、保険の条件、自己負担額などを総合的に考慮して判断する必要があります。

また、保険を利用する場合は、保険会社に速やかに連絡し、事故の状況を詳細に報告することが重要です。

保険を使う際のポイントと適用条件

保険を使用する際、その適用条件やポイントを正確に把握することは非常に重要です。

まず、保険の適用条件には様々な種類があり、各保険会社やプランによって異なる場合があります。

以下は、保険を使用する際の主要なポイントです。

保険の適用条件の確認

  • 全損・部分損の定義: 保険が適用される損傷の程度を確認します。小さな傷でも保険が適用される場合と、一定の程度以上の損傷でないと適用されない場合があります。
  • 自己負担額: 保険を使用した場合の自己負担額を確認します。この額が高いと、小さな損傷には保険を使用しづらくなる場合があります。
  • 保険の適用範囲: どのような場合に保険が適用されるか、その範囲を確認します。例えば、自宅のガレージでの損傷や、他人の所有するブロック塀での損傷など、場合によっては適用されないケースもあります。

注意点

  • 保険料の変動: 保険を使用すると、次回の保険料が変動する可能性があります。特に、過去に何度も保険を使用している場合、保険料が上昇するリスクがあります。
  • 修理業者の選定: 保険会社が推奨する修理業者を利用する場合と、自由に修理業者を選定できる場合があります。修理業者の選定に関する条件を事前に確認しておくと、後々トラブルを避けることができます。

他人のブロック塀に車を擦った場合の謝罪

他人のブロック塀に車を擦った場合、修理費用の問題だけではありません。

謝罪も重要なポイントです。

以下に、他人のブロック塀に車を擦った場合の謝罪のポイントをご紹介します。

謝罪のポイント

  • 速やかな対応: 事故が発生した際は速やかに被害者に連絡をし、謝罪を行うことが大切です。
  • 修理費用の負担: 被害者に対して、修理費用の負担を明確に伝え、安心感を提供します。
  • 保険の利用: 自身の保険が被害者のブロック塀の修理に利用できる場合、その旨を伝え、迅速に修理を進めます。

注意点

  • 謝罪の態度: 謝罪の際の態度も重要です。被害者の気持ちを尊重し、謝罪の言葉を選びましょう。
  • 修理の進行状況の共有: 修理の進行状況を被害者に定期的に報告し、安心感を提供します。

これらのポイントを心掛け、他人のブロック塀に車を擦った場合でも、適切に対応しましょう。

適切な対応や謝罪がトラブルの解消に繋がります。

車をブロック塀に擦ったときのリスクと対処法

車をブロック塀に擦った時のリスクと対処法を知っておくと、慌てずに適切な対応ができます。

リスクを最小限に抑え、安心してドライブを楽しむためにも、知識を持っておくことが大切です。

当て逃げのリスク|人の家のブロック塀に車を擦った場合の法的責任

当て逃げは重大な法的責任を伴います。

人の家のブロック塀に車を擦った際に、その場で対応せず逃げてしまうのはNG。

罰金や懲役刑のリスクが伴うだけでなく、社会的な信用も失うリスクがあります。

当て逃げの法的な影響

  • 罰金: 最悪数百万円の罰金が科せられる可能性があります。
  • 懲役刑: 重大な場合、懲役刑が課されることもあります。
  • 免許停止・取り消し: 運転免許の停止や取り消しもあるため、再度運転することができなくなることも考えられます。

社会的な影響

  • 信用の失墜: 個人の信用を大幅に失墜させ、生活に大きな影響を与える可能性があります。
  • 保険の影響: 自動車保険の更新時に保険料が大幅に上昇するリスクがあります。

壁にぶつけたけどバレる?後日警察から連絡がくる可能性

ブロック塀に車を擦って、その場で対応をせずに逃走した場合、後日警察からの連絡があるリスクがあります。

警察からの連絡

  • 被害届の提出: 周囲の人や被害者が警察に被害届を提出すると、警察が動き出します。
  • 捜査: 警察はCCTVなどを利用して逃走車両を捜査、特定する可能性があります。

ペナルティの例

  • 罰金: 逃走したことで罰金が科せられる可能性があります。
  • 免許点数の減少: 免許の点数が減少し、一定の点数に達すると免許が停止されます。

車を擦ったけど壁に傷なしの場合は?

ブロック塀に傷がない場合でも、自車に傷がある場合は修理費用が発生します。

傷を軽視すると、腐食や傷の拡大などが起こっていく可能性があります。

自車の点検と修理

  • 自車の状態確認: 事故後は自車の状態を丁寧に確認することが大切です。
  • プロの診断: 見た目にはわからないダメージもあるため、プロの診断を受けることをおすすめします。

修理費用と保険

  • 修理費用: 自車に傷がある場合、その修理費用を考慮する必要があります。
  • 保険の適用: 傷の程度に応じて、保険を適用して修理を行うことも一つの方法です。

これらのポイントを意識し、ブロック塀に車を擦った場合の対応を適切に行いましょう。

ブロック塀に車を擦った時の修理代と対処法の総まとめ

◎ 記事のポイントまとめ

  1. 軽度の擦り傷は数千円から数万円で修理可能
  2. 複数のお店で修理見積もりを取って価格を比較するとお得
  3. DIY修理も一つの選択肢で、市販の修理キットを使用すると費用を抑えられる
  4. 修理代の相場は傷の位置、深さ、影響を受けたパーツによって変動
  5. 保険を利用する場合、自己負担額と保険の適用範囲に注意が必要
  6. オートバックスなどのカーケアショップでも擦り傷の修理が可能
  7. 他人のブロック塀に車を擦った場合の謝罪も重要なポイント
  8. 当て逃げは法的責任が重く、罰金や懲役刑のリスクがある
  9. ブロック塀に傷がない場合でも、自車の状態を確認し、必要に応じて修理を行う
  10. 自分での修理の場合、傷の状態を正確に把握し、適切な修復キットを選ぶ
  11. 保険を利用する際は、適用条件や自己負担額、保険料の変動を確認する
  12. 他人のブロック塀に擦った場合は、速やかに対応し、被害者に謝罪を行う
  13. ブロック塀に車を擦った際は、その場で対応せず逃走すると法的なトラブルに発展する可能性がある
  14. 軽微な擦り傷修理は、具体的なステップと注意点を把握して安全に進める

 
車をブロック塀に擦ってしまうのは、ドライバーにとって避けられないことかもしれません。

大切なのは冷静に状況を把握し、適切な対処をすること。

 
傷の程度・修理のコスト・保険の利用可否をしっかり確認し、必要に応じてプロのアドバイスを求めましょう。

そして、これを機に定期的な車のメンテナンスと安全運転を心掛け、愛車を大切にしていくことが大切です!