パスワードの自動生成が危険かを考えている男性

◎ 本記事のポイント

  1. パスワードの自動生成は危険なのかが分かる。
  2. Googleアカウントが侵害される危険性が分かる。
  3. Googleパスワード自動生成のメリットやリスクが分かる。
  4. Googleアカウントのパスワードの大切さが分かる。
  5. セキュリティ対策のためには、多角的なアプローチが必要であることが分かる。

最近は様々なサイトがパスワードで管理されています。

簡単なパスワードだとセキュリティが弱くて不安…

 
そんな状況で便利なのが、Googleのパスワード自動生成機能

ですが、心配なのが安全性のこと。

パスワード自動生成危険ではないのでしょうか?

 
この記事では、Googleパスワードの自動生成機能の利点やリスクをお伝えしていきます。

安全かつ上手にパスワード管理をしていきましょう!

記事の目次

パスワードの自動生成が危険と言われる理由とは?

パスワードの自動生成が危険な理由を調べている女性

Googleパスワードの自動生成は便利な一方、危険もあります。

パスワードの自動生成が危険と言われるのは、どうしてなのでしょうか?

主な理由が次の3つ。
 

  1. Googleアカウントが漏れるとパスワードが盗まれる
  2. デバイスを第三者に操作されるとパスワードが盗まれる
  3. パスワードが複雑で思い出せなくなる

それぞれの内容について、詳しく見ていきましょう。

① Googleアカウントが漏れるとパスワードが盗まれる

Googleアカウントが洩れることによって、パスワードが盗まれるリスクがあります。

パスワードの自動生成機能を利用していると、多くのIDとパスワードを保存することになります。

Googleアカウントが洩れると、保存しているIDやパスワードが流出する可能性があるのです。

どのようなリスクがあるか?

  • 複数のサービスへの不正アクセス: アカウントが侵害されると、他サイトへのアクセスが可能になります。
  • 個人情報の流出: Googleアカウントには、重要な個人データが保存されている場合が多く、流出する危険性があります。
  • 不正アクセス: 金融関連サービスへのアクセスが可能になり、不正使用されるリスクがあります。

対策は?

  1. 二段階認証の利用: アカウントのセキュリティを強化するために、パスワードだけでなく、電話番号やアプリによる二段階認証を設定しましょう。
  2. 定期的なパスワード変更: 定期的にパスワードを変更し、複雑なものを選びましょう。
  3. セキュリティアラートの活用: Googleアカウントに不審なログイン試みがあった場合に通知を受け取るように設定しましょう。

② デバイスを第三者に操作されるとパスワードが盗まれる

デバイス(スマホやPCなど)には、自動生成されたパスワードを含む多くの個人情報が保存されています。

万が一、Googleアカウントにログインしている状態だと、自動生成したパスワードの情報を簡単に閲覧できます。

第三者に操作されると、簡単にパスワードなどの情報が盗まれるリスクがあるのです。

どのようなリスクがあるか?

  • 直接的なデータへのアクセス: デバイスを物理的に持っている第三者は、保存された情報に容易にアクセスできます。
  • リモートアクセス: ウイルスなどに感染したデバイスは、遠隔地から不正に操作される可能性があります。

対策は?

  1. デバイスの物理的なセキュリティ: デバイスを盗難や紛失から保護するため、ロック画面の設定や持ち運び時の注意が必要です。
  2. マルウェア対策ソフトの利用: 定期的なスキャンと最新のセキュリティソフトの利用で、リモートアクセスやウイルスのリスクを軽減します。
  3. 公共のWi-Fiの使用制限: 公共のWi-Fiはセキュリティが弱い場合が多いため、可能な限り避けましょう。

③ パスワードが複雑で思い出せなくなる

自動生成されたパスワードは、複雑であるため安全性が高いです。

しかし、複雑であるがゆえに、覚えることが困難になります。

そのため、どのパスワードで設定したかを思い出せないリスクがあるのです。

パスワード管理の困難さと解決策

  • パスワードの記憶: 自動生成された複雑なパスワードを記憶することは、現実的ではありません。
  • 管理ツールの活用: 信頼できるパスワード管理ツールの使用により、複雑なパスワードを安全に保存し、必要時にアクセスできます。

パスワード管理ツールの利点

  • 安全な保存: パスワードを暗号化し、安全に保存できます。
  • 簡単なアクセス: 必要なパスワードを簡単に取り出せます。

Chromeのパスワード保存は危険も大きい

Google Chromeのパスワード保存機能は、非常に便利です。

ですが、危険も大きいです。

どんな危険があるのかについて、下記でお伝えします。

Chromeのパスワード管理のリスク

  1. 無防備なデバイス: デバイスが無防備な状態で放置された場合、第三者が簡単に保存されたパスワードにアクセスできます。
  2. ブラウザの脆弱性: Chromeのセキュリティ上の弱点を突かれると、保存されたパスワードが危険にさらされる可能性があります。

対策方法

  • ロック画面の利用: デバイスのロック画面を常に有効にしておくことが重要です。
  • 定期的なセキュリティチェック: Chromeのアップデートを定期的に確認し、セキュリティ対策を最新の状態に保つことが必要です。
  • 二段階認証の活用: アカウントへの不正アクセスを防ぐために、二段階認証を設定することをオススメします。

 
パスワードの自動生成に関わるリスクと対策を理解しましょう。

適切なセキュリティ対策を講じることで、安全性を高めることができます。

Googleのパスワード自動生成機能そのものは安全

Google Chromeのパスワード自動生成機能は、セキュリティリスクに対処するための強力なツールです。

一般的なパスワードよりもはるかに高度で複雑なパスワードを生成し、ユーザーのアカウントを不正アクセスから保護します。

パスワードの自動生成機能の主なメリットが下記です。
 

  • 高度なセキュリティ:ランダムに生成されたパスワードは、総当たり攻撃や辞書攻撃に対して強い耐性を持ちます。
  • 利便性の向上:ユーザーが複雑なパスワードを覚える必要がなく、Chromeが管理します。
  • 多様なデバイスへの適用:Googleアカウントを通じて、複数のデバイス間でパスワードを同期することが可能です。

 
ただし、以下の点には注意が必要です。
 

  • Googleアカウントのセキュリティ:アカウントのパスワードが弱いと、自動生成されたパスワードも危険にさらされます。
  • デバイスのセキュリティ:デバイスが盗難に遭ったり、不正にアクセスされたりすると、保存されたパスワードが漏洩する可能性があります。

パスワードの自動生成の危険を抑える方法

Googleのパスワードの自動生成で危険な状態になった男性

自動生成されたパスワードのリスクは可能な限り抑えたいですよね。

パスワードの自動生成の危険を抑えるには、どうすればよいのでしょうか?

主な対策が下記の3つ。
 

  1. ID・パスワードのオートコンプリート機能を無効にする
  2. Googleアカウントのパスワードを簡単なものにしない
  3. パスワード一覧を出力して別に保存しておく

それぞれの対策法について、見ていきましょう。

① ID・パスワードのオートコンプリート機能を無効にする

Google Chromeのオートコンプリート機能は、ログイン情報の入力を容易にします。

しかし、セキュリティ上のリスクも伴います。

 
オートコンプリート機能を無効にすることで、自動的にパスワードが入力されるリスクを避けることができます。

オートコンプリート機能を無効にするメリットは以下の通りです。
 

  • 不正アクセスの防止:他人があなたのデバイスを使っても、ログイン情報が自動入力されることはありません。
  • プライバシーの保護:共用デバイスでは、あなたのログイン情報が他のユーザーに表示されるリスクがあります。

 
ただし、オートコンプリート機能を無効にすると、以下の点に注意が必要です。
 

  • ログインの手間:毎回ログイン情報を入力する必要があります。
  • パスワードの管理:複雑なパスワードを管理する必要があります。

 
セキュリティと利便性のバランスを考え、各デバイスや使用環境に応じてオートコンプリート機能の設定を適切に行うことが重要です。

② Googleアカウントのパスワードを簡単なものにしない

Googleアカウントは、多くのサービスにアクセスするための鍵です。

そのため、パスワードは非常に重要であり、簡単に推測できるものを避けるべきです。

セキュリティ性の高いパスワードを設定して、アカウントを不正アクセスから保護しましょう。

パスワードの強化方法

  1. 長さと複雑さ: 最低8文字以上を使用し、数字・大文字・小文字・特殊文字を組み合わせましょう。
  2. 定期的な変更: 定期的にパスワードを変更することで、セキュリティを維持します。
  3. オリジナルなパスワード: 同じパスワードを複数のサイトやサービスで使用しないようにしましょう。

追加の安全対策

  • 二段階認証の利用: パスワードとは別の確認手段(電話番号に送信されるコードなど)を設定します。
  • セキュリティ質問の設定: アカウント回復用の質問を設定し、他人に推測されるものは避けましょう。
  • アカウントの監視: 定期的にアカウントのログイン活動を確認し、不審なアクセスがないかチェックします。

③ パスワード一覧を出力して別に保存しておく

パスワードを安全に管理するためには、定期的なバックアップが不可欠です。

特に、多くのサービスにアクセスするためのパスワードを管理する場合、定期的に出力(エクスポート)して別に保存しましょう。

別に保存する重要性

  1. アクセス権の保持: 万が一の場合に備えて、アクセス権を失うリスクを最小限に抑えます。
  2. 緊急時の対応: デバイスの故障やアカウントの問題が発生した際に迅速に対応できます。

押さえるべきポイント

  • 安全なストレージ: パスワード一覧は暗号化されたフォーマットで保存し、安全な場所に保管します。
  • クラウドサービスの利用: クラウドベースのストレージを利用する場合は、サービスのセキュリティ設定を十分に確認しましょう。
  • 定期的な更新: 定期的にバックアップを行う習慣をつけましょう。

 
Googleアカウント及び他のオンラインアカウントのセキュリティを強化し、不正アクセスやデータ漏洩のリスクを減らすことが大切です。

Googleパスワードで自動生成した内容を確認する方法

Google Chromeのパスワード管理機能は、非常に便利なツールです。

自動生成されたパスワードは、Chromeの設定メニューから簡単に確認できます。

確認方法は以下の通りです。
 

  1. Chromeブラウザを開き、右上の三点リーダー(設定)アイコンをクリックします。
  2. 「設定」に進み、「パスワード」セクションを選択します。
  3. 保存されたパスワードリストが表示されます。ここから、パスワード一覧を確認できます。
  4. パスワードの横にあるアイコンをクリックすると、パスワードが表示されます。

 
自動生成された複雑なパスワードが記憶されていれば、セキュリティを維持しながら便利にアクセスできます。

ただし、この機能を使用する際には、セキュリティにも気を配る必要が重要です。

Googleアカウントのパスワードは絶対忘れないこと

Googleアカウントのパスワードを忘れることは、多くのサイトへのアクセスが不可になることを意味します。

そのため、パスワードを確実に把握しておくことが重要です。

パスワードを覚えておくためのコツは、以下の通りです。
 

  1. パスワードマネージャーの使用:パスワードマネージャーを使用して、必要なときに簡単にアクセスできるようにします。
  2. 安全な場所での保管:パスワードを紙に書き留める場合は、安全で忘れない場所に保管しましょう。
  3. 定期的な変更:パスワードは定期的に変更することが推奨されます。セキュリティリスクを最小限に抑えることができます。

 
Googleアカウントのパスワードを常に安全に保ち、定期的な管理を心掛けることが重要です。

パスワード自動生成で把握すべきポイント

Googleのパスワード自動生成機能を使っている女性

パスワード自動生成機能の使用する際には、押さえるべきポイントがあります。

では、どんな内容を把握すればよいのでしょうか?

具体的な内容について、見ていきましょう。

Googleパスワード自動生成のメリット・デメリット

Googleのパスワード自動生成機能は、利便性とセキュリティの両面でメリットが大きいです。

その反面、デメリットも存在します。

自動生成機能のメリット・デメリットについて、見ていきましょう。

自動生成機能のメリット

  1. 高度なセキュリティ: 自動生成されるパスワードはランダムで複雑な組み合わせを持ち、総当たり攻撃や推測によるハッキングのリスクを最小限に抑えます。
  2. 簡単な管理: 複数のサイトやアプリで異なるパスワードを覚える必要がなく、パスワード管理が容易になります。
  3. 同期機能: Googleアカウントを使用している全てのデバイスでパスワードが同期され、どこからでもアクセス可能です。

自動生成機能のデメリット

  1. 依存性: Googleアカウントがハッキングされると、全ての関連パスワードが危険にさらされる可能性があります。
  2. 記憶の困難さ: 自動生成されたパスワードは複雑で覚えにくいため、紛失や忘れが生じやすくなります。
  3. アクセス制限: Googleアカウントにアクセスできない状況では、パスワードにもアクセスできなくなる可能性があります。

Googleパスワードの自動生成後に表示されない場合は?

Google Chromeでパスワードが自動生成された後、表示されない場合もあります。

つまり、入力時にどんなパスワードか分からなくなっている状況です。

その場合には、下記の対策を行いましょう。
 

  1. 自動入力設定の確認: Chromeの設定で「パスワード」にアクセスし、自動入力が有効になっているか確認してください。
  2. キャッシュとCookieのクリア: 一時的な問題が原因である場合、ブラウザのキャッシュとCookieをクリアすることで解決することがあります。
  3. パスワードマネージャーの確認: Chromeのパスワードマネージャーを確認し、自動生成されたパスワードが適切に保存されているかをチェックします。
  4. ブラウザの更新と再起動: Chromeが最新の状態になっているかを確認し、必要に応じてブラウザを更新して再起動してください。

 
上記の対策によって、自動生成されたパスワードを上手に管理していきましょう。

Google chromeのみに依存するのは危険

Google Chromeのパスワード管理機能は、とても便利なツールです。

しかし、依存することは危険を伴います。

以下に、Google Chromeのみに依存する危険性と対策について、お伝えします。

危険性

  1. アカウントのハッキング: Googleアカウントがハッキングされると、保存されたすべてのパスワードが危険にさらされます。
  2. システム障害: Googleのサービスに障害が発生した場合、パスワードにアクセスできなくなる可能性があります。
  3. データ損失のリスク: データの同期に失敗したり、デバイスが故障したりすると、重要なパスワードが失われる可能性があります。

対策

  1. 2段階認証の使用: Googleアカウントのセキュリティを強化するために、2段階認証を設定します。
  2. バックアップの保持: 定期的にパスワードをエクスポートして、異なる場所にバックアップを保管します。
  3. 別のパスワードマネージャーの使用: Chrome以外にもパスワードマネージャーを使用し、重要なアクセス情報を複数の場所に保管します。
  4. 定期的なパスワードの変更とレビュー: パスワードは定期的に変更し、古いまたは弱いパスワードを更新します。

 
パスワードのセキュリティは、一つのツールやサービスに依存するのではなく、複数の方法を組み合わせることで向上します。

Google Chromeの便利なパスワード管理機能も、他のセキュリティ対策と併用することで、その真価を発揮します。

 
また、個人のセキュリティ意識の向上と、定期的なセキュリティチェックも重要です。

オンラインでの安全性が大幅に向上し、個人情報の保護が強化されます。

パスワードの自動生成が危険と言われることの総まとめ

パスワードの自動生成が危険と言われることに関して、振り返っておきましょう。

◎ 記事のポイントまとめ

  1. パスワードの自動生成はセキュリティの弱点をはらんでいる
  2. Googleアカウントのセキュリティ侵害は、多くのサービスへの不正アクセスを意味する
  3. 自動生成されたパスワードは複雑であり、記憶するのは困難
  4. デバイスのセキュリティ侵害は、自動生成パスワードの利便性をリスクに変える
  5. Google Chromeのパスワード保存機能は便利だが、リスクも大きい
  6. 無防備なデバイスは、第三者によるパスワードアクセスを容易にする
  7. Google Chromeのパスワード自動生成機能は、セキュリティ性が高い
  8. 自動生成されたパスワードは、複雑で総当たり攻撃に対して強い耐性を持つ
  9. Google Chromeのみに依存するのはリスクが伴う
  10. Googleのシステム障害が起きると、一時的にパスワードが分からなくなるリスクがある

 
パスワードの自動生成機能は便利なツールです。

しかし、危険があることも、把握しておきましょう。

常にセキュリティ対策を見直し、パスワードの管理を万全にしていきましょう!